ブログ

どう書いたらいい?初心者からのブログ記事を書く時の基礎知識

「ブログ記事を書きたいけど書き方がわかりません」

「どんなことを意識して記事を書いたらいいの?」

記事を書く時にどのような事に気を付けて記事を書いたらいいのか分からなくて悩んでしまいませんか?

ブログを始める人のほとんどはライティング初心者からのスタートです。

だから文章の書き方なんて分からなくて当然なんですよね。

ボクもライティングの方法なんて分からなくて何冊もライティングの本を読んで勉強してきました。

勉強してきた中で初心者こそ知っておくべきライティングの基礎を紹介します。

よければ参考にしてみてください。

読みやすい文章を書こう

まず最初に読みやすい文章を書くようにしましょう。

ネットで情報を調べている検索ユーザーは、簡単に読める文章が大好きです。

とても内容が深くて価値が高い情報でも文章が読みづらいと脳みそが疲れちゃいます。

脳みそが疲れると文章を読むのをやめてしまい最後まで記事が読まれなくなってしまうんです。

じゃあ読みやすい文章はどうしたら書けるのかを紹介します。

むずかしい漢字を使わない

文章の中に漢字が多いとパッと文章を見た時に重たく感じてしまいます。

短い文章の中に情報が押し込められているように感じるからです。

例えば参考書だとか報告書を読もうと思った時、難しい漢字が多く使われていて本を開いただけで嫌になった経験がありませんか?

このような開いただけで重く感じるような文章は書かないようにしましょう。

改行する

文章を書く時はしっかりと改行しましょう。

目安は「。」で改行です。

連続した文章はかなり重い文章に感じてしまうんです。

試しに「むずかしい漢字を使わない」の文章を改行しない連続した文章にしてみましょう。

文章の中に感じが多いとパッと文章を見た時に重たく感じてしまいます。短い文章の中に情報が押し込められているように感じるからです。例えば参考書だとか報告書を読もうと思った時、難しい漢字が多く使われていて本を開いただけで嫌になった経験がありませんか?このような開いただけで重く感じるような文章は書かないようにしましょう。

文章がギュッと押し込められた感じがして嫌になりませんか?

改行しないだけでかなり文章って読みにくくなってしまうんです。

1つの文章に区切りが付いたらしっかりと改行しましょう。

デザインは簡単にする

文章を書く時にはデザインは簡単にしましょう。

・何色も色を使ったカラフルな文章にしない

・文字サイズを必要以上に変えない

とりあえずはこんなことを意識してみるといいでしょう。

カラフルな文章って目が疲れるんですよね。

だから必要な所だけ必要なデザイン性があれば大丈夫です。

必要なデザイン性とは、黄色赤色は一般的に「注意」と「警告」です。

一般的に認知されているデザインで色を使い分ければ分かりやすい文章を書く事が出来ますよ。

文字サイズも必要以上に変えなくて大丈夫です。

ライティングの基礎は検索ユーザーに分かりやすく情報を伝える事だと言えます。

だから文字サイズや太さなどを必要以上に変えてデザイン性を求めても読みにくい文章になるだけなのでおすすめしません。

ただし本当に伝えたい情報を目立たせる意味でのデザインなら積極的に取り入れてくださいね。

伝わる文章の書き方

どうしたらブログを主益化できるのか

文章を書く時には、分かりやすく理解してもらえるような伝わる文章を書くようにしましょう。

だれかのブログ記事を読んだ時、結局何が言いたいのかよく分からない文章って見た事がありませんか?

文章を書く事に慣れていないと、伝わらない文章を書いてしまっていることがあります。

せっかく伝える価値のある情報なのに、検索ユーザーに理解してもらえなければ情報の価値が低くなってしまいますよね。

そこで文章を書く時には、これから紹介するような流れで書いてみましょう。

伝わる文章の流れ

「主張」→「理由」→「根拠」

伝わる文章を書く時には「主張→理由→根拠」流れで文章を書くようにしましょう。

なにかに悩んで情報を調べている検索ユーザーは、問題解決をする方法を探していますよね?

だから「主張」を最初に書く事で、この記事にはどんな情報があるのか検索ユーザーはすぐに理解できます。

情報に興味を持った検索ユーザーは次にきっとこう考えるはずです。

「なんでこの人はこんな主張をしているんだろう?」

その疑問に答えるのが「理由」の部分です。

「ボクの主張は○○です、なぜなら○○だからです。」

このような文章の流れなら、言いたいことが明確で信頼性が高い情報だと思ってもらえます。

さらになぜこのような事が言えるのか「根拠」を書きましょう。

「ボクの主張は○○です。なぜなら○○だからです。どうしてこんなことが言えるのかというと○○だからです。」

根拠があると検索ユーザーはその情報に納得することができます。

情報がしっかりと伝わって納得してもらえれば、検索ユーザーからあなたの情報は信頼できるし信頼できる情報発信者だと思ってもらえるでしょう。

文章を書く時には、「主張」「理由」「根拠」の流れで書くようにしましょう。

情報を伝える時は短い文章にする

文章を書く時には短い文章になるようにしましょう。

短い文章で伝えたいことが伝わるなら検索ユーザーの文章を読む負担を減らす事が出来ます。

200文字の文章を読んでも100文字の文章を読んでも、伝わる情報量が一緒なら短い文章の方がい良いと思いませんか?

だから一度あなたが文章を書いて投稿したら、数日後に文章を読み返してみましょう。

あんがい余分な文章って多いですよ。

記事投稿した直後にその文章を読み返してみても、記事を書く事に脳みそが疲れているから読み返しても集中力が落ちてることが多いし面倒でやりたくなくなります。

だから脳みその疲れが取れた数日後ぐらいに見直すのがおすすめです。

「あれ」「それ」を使わない

「あれ」「それ」といったキーワードをあまり文章の中に入れないようにしましょう。

このような指示代名詞がたくさん使われた文章は、文章を読んでいる検索ユーザーが情報を見失う可能性が高くなるからです。

「あれってどれだったっけ?」

検索ユーザーが情報を見失うと、文章を戻って読み返さなければいけなくなり文章を読む時の負担が大きくなります。

だから面倒かもしれませんが、「あれ」「それ」が何を指しているのか書いてあげれば検索ユーザーに優しい文章になりますよ。

読まれる文章の書き方

文章の書き方を理解してもらえたら、最後まで読まれる記事の書き方についても知っておきましょう。

文章を書く方法は分かっても、ブログ記事をひらいた検索ユーザーに情報を読み進めてもらわなければいけません。

読み進めてもらわないと伝えたい情報が伝わりませんよね?

そこで記事を読み進めてもらう方法について紹介していきます。

記事の書き出しは超重要

ブログ記事を書く時には、記事の最初の文章は超重要です。

記事の最初の文章をリード文とも言います。

記事を検索ユーザーがクリックされた時、最初の文章は検索ユーザーが必ず見る事になる文章ですよね?

だから最初の文章でこの記事の内容やメリットを伝えることができれば、最後まで読み進めてもらえる可能性が高くなるんです。

情報を調べている検索ユーザーが、記事がクリックされてどれくらいの時間で記事の評価をするか知っていますか?

たった5秒程度だと言われています。

記事がクリックされた時に、最初の文章を見た時に検索ユーザーにとって知りた情報がないと評価されたらすぐに「戻る」をクリックされている事になります。

つまり最初の文章でどれだけ記事の価値を伝えられるかで記事を最後まで読んでもらえるかどうかが決まると言っても過言ではないですよね?

だから記事の最初の文章にはこんな情報を書くといいです。

①「こんなことに悩んでいませんか?」という検索ユーザーの悩み

②悩みを解決するにはどうするべきか解決方法を伝える

この2つができると記事の最初の文章としては良いものに仕上がります。

検索ユーザーの悩みを書こう

①の「こんなことに悩んでいませんか?」という検索ユーザーの悩みを先に書くとどう感じると思いますか?

「自分はこんなことに悩んでます。きっとこの先には悩みの解決方法があるはずだ」

という考え方になりますよね。

検索ユーザーの悩みを先読みするなんて難しそうだと思うかもしれません。

でも検索キーワードから、検索ユーザーがどんな情報を欲しがっているのかを想像する事は難しくありません。

検索キーワードだけでは想像できなければ、実際に検索キーワードを使ってどんな記事が書かれているのかライバル記事を見てみるといいでしょう。

検索キーワードに対して、検索ユーザーがどんな情報を欲しがっているのかがわかります。

悩みの解決方法を書こう

②の悩みの解決方法を一言で伝えることが出来れば、検索ユーザーはどのようにして悩みを解決できるのかが分かります。

具体的な方法を伝える必要はありません。

一言で問題解決方法を伝えるといいでしょう。

「こんな悩みの解決方法が欲しかったんだ」と検索ユーザーに思ってもらう事で、記事を読み進めてもらえるようになります。

共感してもらえるような情報を書く

共感してもらえるような情報を書く事もとても重要です。

共感してもらえる情報とは、検索ユーザーの抱えている悩みを自分も経験したという情報です。

「わかる、自分も同じように苦しんでるんです」と検索ユーザーに感じてもらえるような情報が共感してもらえる情報だといえるでしょう。

じゃあ共感してもらえる情報って何かと言うと「あなたの失敗談」です。

恥ずかしいと思うかもしれませんが、失敗した経験はどんどん暴露していきましょう。

失敗した経験を暴露する事で、同じように失敗して悩んでいる人に共感されて仲間意識ができるんです。

そうすると検索ユーザーと同じ目線で情報提供できるようになるので、情報を読み進めてもらえるようになります。

まとめ:検索ユーザーファーストで記事を書こう

初心者の為のブログ記事の書き方を紹介しました。

ブログの文章を書くのって大変だなって思いましたか?

でもブログで情報発信するという事は、文章で情報を伝えるという事です。

という事は記事を読んでもらうために工夫するのって大切な事だと思いませんか?

情報発信者は、自分の情報でどれだけたくさんの人を助けてあげられるかが重要なんです。

たくさんの人をあなたの情報で助けてあげる為には、価値ある情報をしっかりと検索ユーザーに伝えなければいけません。

そのためにはどんな検索ユーザーにも理解してもらえるような文章を書く必要があります。

今回はボクが考えている検索ユーザーにとって読みやすいと思う文章の書き方を紹介しました。

でもあなたが他にも検索ユーザーにとって読みやすい文章の書き方があると思ったら積極的に取り入れていきましょう。

検索ユーザーファーストの文章こそが、伝わる文章の書き方だと思っています。

ABOUT ME
terry09
テリー【Webマーケティングコンサルタント】 2つの仕事をしながら、3つ目のビジネスとしてブログの副業をスタート。 時間がない中でもブログのビジネスを学んでその情報を伝えています。 会社員として働いて副業で収入を上げたい人たちの目線でどんなことが出来るかをボク自身が経験した事実から情報提供しています。 ブログ記事ではWebマーケティングやブログノウハウや副業などの情報をメインにして情報提供しています。 あなたのスキルを活かしてビジネスを始めてみませんか?