仕事の悩み

人生失敗ばかり!今は悔しくてもその経験がたくさんの人を救える事実

あなたが何か行動して人生で大きな失敗を経験していると心が折れると思います。

「一生懸命やってるのに失敗ばっかりでマジで無理!」

精神的にも肉体的にも追い詰められて人生土俵際になって大の字に倒れたくなりますね。

でもその経験ってとても価値がある事ですよ。

人間はリスクを恐れます。

だから失敗したくないと考える人が多いんですよね。

その人たちに向けた情報発信はとても活きた情報となって刺さります。

そこで今回は多くの人が人生で失敗してしまう理由から、失敗を経験した人がどのようにしてその経験を活かして行けばいいのかまでを解説していきます。

失敗した経験はとても悔しいですがムダではありません。

そこが気になる人は最後まで見てみてください。

人生で何かに挑戦して失敗してしまう3つの法則

長い人生の中で何かに挑戦する事ってあると思います。

挑戦するという事は成功する事を夢見て行動しているはずですが、結局は成功か失敗かに分けられてしまいますよね。

そして失敗してしまう人の方が多いのが現実です。

じゃあなぜ多くの人が何かに挑戦する時に失敗してしまうのかその原因を3つの法則でまとめてみました。

もしかしたらギクッてさせられるかもしれませんので、ちょっと読んでみてください。

①情報量不足

何かに挑戦しようと思って失敗した人の多くは成功するための情報量が少ないのが大きな原因になっています。

これから何かに挑戦しようと思った時に、どれだけ情報を集めましたか?

・どんな事に挑戦しようと思っているのか

・どれくらいの時間が必要なのか

・どれくらいの資金が必要なのか

このような情報をしっかりと調べずに行動すると失敗しやすくなります。

勢いだけで行動してしまうと失敗のモトになるので注意ですね。

②行動量不足

何事にも成果を出す為には行動をしなければいけません。

成果が出るのは正しい方向性で十分な行動量をした時に初めて出てくるものです。

高い目標設定をしても、その目標を達成するために十分な行動量が足りていなければ成果は出せません。

だから失敗しない為にも、何かを始める時には成果を出すにはどれくらいの時間と行動量が必要なのかをあらかじめ調べておく必要があります。

③調子に乗る

ちょっとした成果が出ると調子に乗ってしまうこともあります。

調子に乗るといきなり足元をすくわれる可能性があるで注意が必要です。

人が調子に乗ってしまう時はどんな時だと思いますか?

それは目標設定して行動した時に、ちょっと成果が出てきた時です。

例えば大学受験の場合、目標としている大学があるとします。

模試を受けてもずっとE判定だったのが、頑張って勉強を続けたら次の模試ではC判定が出た。

受験に合格できる可能性が高くなってきたと嬉しくなって、今まで気を張っていた緊張感が緩んで勉強の量が少なくなった。

その後にライバルはどんどん努力を積み重ねて成長してきます。

大学試験本番の直前の模試を受けてみたら再びE判定、そこから冷や汗を垂らして一生懸命勉強しても時すでに遅しで大学受験失敗。

少し成果が出たからと調子に乗って気を緩めてしまうのは禁物ですね。

人生で失敗しやすい人間性5パターン

人生で何をしようとしても失敗を繰り返してしまう人がいます。

それは人間性が問題の可能性が高いです。

人間性は過去の人生経験から作り上げられた、その人の価値観・考え方などから作り上げられます。

じゃあ人間性に問題があると行動しようとした時にどんな問題があるのか?

それは人がこれから何かに挑戦して成果を出したいと思った時、何をどうしていくべきか判断していかなければいけません。

その時に人間性に問題があると、成果を出すために正しい方向性で進めなくなります。

そうなると成果が出るまで時間がかかったり、結局なにも成果が出せずに失敗してしまう事に繋がります。

じゃあどんな人間性の人が人生で失敗しやすいのかを紹介していきます。

計画性がない

何かに挑戦するためには、それを始める前にしっかりと計画をする必要があります。

目標が大きいほどしっかりとした計画が必要です。

登山を例にするとわかりやすいですね。

登山をして登頂する為には、登山経路を設定して正しい方向性を決めます。

じゃあその登山経路で山頂を目指す為には、どれくらいの時間・体力(行動量)・道具(ツール)・お金(資金)が必要なのか考える必要があります。

その時にあなたに不足している物があったら、挑戦を始める前に準備しなければいけません。

このように何かに挑戦して目標達成を目指すのなら、計画性がある行動をしましょう。

簡単に諦めてしまう

なにかに挑戦する時に、簡単に諦めてしまう性格の人も失敗しやすいです。

・成果を出す為の下準備の段階で面倒になって諦めてしまう。

・下準備は出来たけど、成功するために行動を始めたら辛くて諦めてしまう。

このような理由で簡単に諦めてしまう人はとても多いです。

せっかく今まで成功する為に行動してきたのに、思ったように成果が出てこないからと諦めてしまったら、せっかく積み上げてきた今までの努力が無駄になってしまいます。

それはとてももったいない事だと思いませんか?

なにかに挑戦して諦める時には、自分自身の何が足りなかったから諦めたんだと説明できるレベルまでは行動を続けるべきだと思います。

完璧主義者

完璧主義者は失敗しやすい人間性の代表例とされています。

完璧主義者は基本的にはこんな価値観を持っている傾向にあります。

①レベルが足りてないのにいきなり高い目標を掲げる。

②絶対に失敗したくないと考えている。

③他人からの目線や評価をとても気にする。

④失敗した時には極端に落ち込む。

これを見た時に①②の特徴は人生で失敗しやすい人の特徴だと言えるでしょう。

人にはレベル相応の所からスタートするべきで、徐々に成長して最終的に大きな目標達成が出来るようになっていきます。

また何かに挑戦する時には確実に失敗を経験します。

失敗したくないという人は失敗を簡単に認めようとしません。

その失敗と向き合ってどうしたら良いのか改善を繰り返していく事でも人は成長していきますよね。

だから完璧主義者の人は成長スピードが遅くなる傾向もあります。

自分自身を変えようとしない

なにかに挑戦して成功しようとする時には、正しい方向性で行動しなければいけません。

その時には、あなた自身の考え方や価値観が方向性を決める事になります。

でも成功するために、その考え方や価値観が間違っている可能性だってありますよね?

その時にはあなたの考え方や価値観を変える必要が出てきます。

そこで間違った考え方や価値観を変えようとしない、自分自身を変えようとしない人がいます。

そうなるといつまでも間違った判断ばかりを繰り返して失敗を連続させる事になるでしょう。

間違った価値観を正しい価値観に変えていく事をマインドセットと言います。

マインドセットは行動の方向性を決めるとても重要な事なので、失敗を連続しない為にも間違った考え方や価値観を持っている分かったら積極的に自分自身を変えていきましょう。

人が良すぎる

人が良すぎる人も失敗しやすい人間性だと言えるでしょう。

人が良いというと聞こえは良いですが損する性格ですね。

人からの頼みを断れず、本当はやりたくない事なのに行動を引き受けてしまう。

だからどんどんやらなければいけない事が増えて、本来自分自身がやらなければいけない事がなかなかできなくなります。

これでは上手く成果が出せませんよね。

人からの依頼を全て断るのも人間関係が悪くなるので注意が必要ですが、今の自分の現状を伝えて上手に断る技術も持っておくべきでしょう。

人生で大きな失敗した時には

人生でなにかに挑戦して大きな失敗をした時には大きな挫折を味わう事になります。

大きな悔しさと脱力感で何もする気になりません。

でもどんな失敗をした時でも、必ずやっておくべき事があります。

それはとても単純な2つの事です。

同じ失敗を繰り返さない為の改善方法を考える

なにかに失敗した時には同じ失敗を繰り返さない為の改善方法については必ず考えるようにしましょう。

これをしないとこれからの人生の中でまた同じ失敗を繰り返す事になります。

なぜ失敗したのか、自分の何が足りなかったから失敗したのかを考えてから改善方法について検討します。

失敗した時には失敗した事実と向き合うのも嫌だと思いますが、経験が新鮮な内に改善方法を考えた方が良いでしょう。

失敗を忘れる

何となく改善方法が分かったらその事だけは忘れないようにして、嫌な思い出はスパッと忘れるようにしましょう。

ダラダラと過去の失敗を引きずっても仕方ありません。

失敗を忘れる為にはどうしたらいいか。

それは忘れるキッカケを与える事です。

例えばその時だけはパーっと酒でも飲んで一晩何も考えずに楽しみます。

その代わりしっかり遊んで寝て起きたらクヨクヨと過去を考えないと決めましょう。

このような気持ちの切り替えもとても重要な事ですね。

人生の失敗を成功に変える逆転の発想

人生で大きな失敗を経験したからと言って、そのすべてを悲観的に見る必要はありません。

考え方によってはプラスに考える事もできます。

それは人生で大きく失敗したと思えるほど行動した事実です。

これって本当に価値がある情報なんですよ?

スマートフォンやパソコンといったインターネットに簡単につながるツールが身近にある時代です。

それを踏まえてちょっと読み進めてみてください。

現代人は失敗しない為の情報をネットで調べている

人間は誰だって得したいと考えます。

だから失敗を恐れてたくさんの情報をネットで集めようとします。

例えば飲食店の食べログを例にするとわかりやすいです。

あなたがラーメンを食べたいと思って食べログを調べたとします。

その時にあなたが考える心理はこのような感じになると思います。

①美味しいラーメンが食べたいと思った。

②知らない店に入って不味いラーメンは食べたくない。

③食べログでラーメン店の情報を調べてみよう。

④評価や口コミが悪くないし価格も手ごろなラーメン店が見つかった。

⑤ちょっと試しに行ってみようかな。

この①~⑤までの流れから、評価も高いし食べに行きたいラーメン屋さんだと思った経験はありませんか?

ここで注目するべきなのが、おいしいラーメンを食べたいと思った人が不味いラーメンを食べるかもしれないリスクを回避するために食べログで情報を調べたという事です。

つまりせっかくお金を払って外食するのに不味いラーメンを食べさせられるかもしれないというリスクを回避するためにインターネットで情報を調べてリスク回避をしている事実がある事が分かりますよね?

つまり人がネットで情報を調べる理由は、失敗するリスクを避ける為に情報を検索しているんです。

でもあなたはそのジャンルで失敗した経験を持っていて、同じ失敗をしない為のその後の正しい判断をする為のノウハウを持っている事になりますよね?

つまりその失敗経験は価値がある情報だという事になります。

失敗した経験を活かしてビジネスを始めよう

あなたが失敗した経験を活かして情報発信してビジネスを始めてみてはどうでしょうか?

その失敗経験を求めている人がいると思います。

失敗した経験をどのように捉えるかは、あなたの自由です。

でも失敗するだけ一生懸命行動した結果失敗したというのなら、少なからず本気で成果を出したいと思って行動してきたはずですね。

その結果として失敗してしまったのなら、失敗するまでの過程と失敗してしまった原因には価値がある情報が詰まっていると言えます。

その経験と情報を活かしてビジネスに繋げることが出来れば、あなたが経験した失敗が活きてくると思いませんか?

だったら失敗した経験を活かしてビジネスを始めれば、失敗した事を逆転の発想にしてビジネスに繋げることが出来るはずです。

つまり失敗したと思っていた事が、成功への足掛かりになっている可能性がある事を覚えておくといいでしょう。

まとめ

人生で大きく失敗した時には大きな挫折感も味わって何もする気にはなれないと思います。

そのような経験をした時には、辛いかもしれませんが失敗した事実を受け入れてどうしたら失敗しなかったのかを分析しましょう。

分析した時にどうして失敗してしまったのか原因が分かれば改善する事が出来るので二度と同じ失敗は繰り返しません。

でもその失敗した経験が価値がないかと言われればそれは違います。

その失敗した経験こそ価値があるからです。

誰もが失敗したくないし、失敗を怖がります。

でもあなたはすでに失敗を経験してきた人ですよね?

多くの人が怖がって出来なかった事をすでに経験してきているはずです。

それを伝える立場になれば、逆転の発想で成功に近づけるかもしれません。

もしあなたが失敗した事を悲観的に捉えているのなら、そうは思わないでくださいね。

実際にボク自身もネットビジネスに挑戦して2年以上1円も稼げない経験をしてきました。

ボクは人よりも成長が遅くて不器用な人間だと自覚していたから、この現実を受け止めることが出来ました。

詳しいことはここでは語りませんが、その過程でかなり悔しい経験もしてきました。

それでも悔しい経験をさせられてしまうのはボクが未熟だからと捉えてきたんですよね。

じゃあすべてが無駄な事をしてきたかと言われれば胸を張って違うと言えます。

実際に行動してきた自信があるし、失敗した経験を人に伝える自身もあるからです。

あなたが大きな失敗を経験したのなら、その経験を活かして後輩を育てる活動をしてみてください。

あなたの人生が良い方向に向かっていくと確信しています。

最後に

ボクは情報発信ビジネスという、情報やスキルを商品化して販売する情報発信ビジネスに取り組んでいます。

もしあなたが副業で収入アップを目指したいと思ったら、役立つ情報をメルマガで配信していますので興味がある方はメルマガ登録してみてください。

【メルマガ登録はこちらから!】