副業ネットビジネス

【最重要】ランディングページを制する者は情報発信ビジネスを制す

・情報発信ビジネスで1番重要なものは何?

・ランディングページが最重要らしい…

・じゃあランディングページの具体的な情報が知りたいな。

情報発信ビジネスをする上で、最重要と言われるのがランディングページです。

アフィリエイトをしている人にも共通の事が言えるかもしれませんね。

初心者の場合、ランディングページというモノがどういうモノなのか知らない人もいるでしょう。

そこで今回は初心者からのランディングページの具体的な情報を提供していきます。

正直、今回の情報はとても重要な情報でありながら、かなり有料級の情報を提供していきますので最後まで読む価値ありです。

ウソかどうかは最後まで読んでみて判断してください。

ランディングページって何?

ランディングページというのは、ユーザーの行動を促す事を目的にした広告ページで、商品購入やメルマガ登録などのリスト取りを目的としたページです。

妙に縦長な広告ページをあなたも見た事がありませんか?

例に出すならこんなページの事です。

【ボクが作ったランディングページを紹介します】

ランディングページを制する者は情報発信ビジネスを制すと言っても良いほどランディングページは重要なものです。

メルマガ登録を目的にしたランディングページ、商品購入を目的としたランディングページ、目的は様々ですが将来的な成約率に大きく関与する広告ページだという事は間違いありません。

このページでどれだけ商品の魅力を伝えられるかが成約率に大きく関わってきます。

あなたがオリジナル商品をネット上で販売したいと思っているのなら、ランディングページの作り方についてしっかりと勉強する事をおすすめします。

そこでこれからはランディングページについて具体的な情報を公開していきます。

ランディングページの作り方

ランディングページは、メルマガ登録や商品の成約率に大きく関係してくる重要な広告ページです。

「そんなページは簡単に作れないよ…」って思う人もいるかもしれませんね。

そんな方の為に簡単なランディングページの作り方を紹介していきます。

まずはちょっと見てみてください。

ランディングページの構成方法

ランディングページを作る時には、その構成方法を知っておくと良いです。

構成方法が分かっていれば、あとは文章を当てはめるだけ。

決まった型にハメた文章を入れるだけで魅力的なランディングページを作る事が出来ます。

じゃあ、どんな構成方法にしたらいいのか気になりますよね。

今回は有料級の情報をしっかり伝えていきますので、具体的にどんな構成にしたらいいのかまで詳しく解説していきます。

新PASONA(パソナ)の法則

広告ページを見たユーザーには、ちょっと煽るような情報提供をして商品購入の必要性を促して行動させる事があります。

でも現代では行動を煽り過ぎるのはどうか?って考え方があるんですね。

だから1番良いのはユーザーに商品購入の必要性に気づいてもらって自ら商品を購入してもらうのが理想です。

そのやり方として1番良いのが新PASONAの法則です。

この法則ってどんなものなのか。

掘り下げて情報提供していきます。

  1. Problem(問題)悩み、不安、不平、不満を示して問題提起をする。
  2. Affinity(親近感)同じ境遇を共感しながら描写する。
  3. Solution(解決策)問題解決策として商品とその機能などを紹介する。
  4. Offer(提案)具体的な提案をする。
  5. Narrowing Down(絞込)ターゲットや期間を限定するAction(行動)行動を促す。

新PASONAの法則は、この英単語の頭文字を並べて作られた造語です。

旧PASONAの法則では、Aの部分がAgitation(煽り・共感)となっていましたが、新PASONAの法則になってこの部分が変わっています。

この変更点は、必要以上に煽って成約に繋げるよりも、ユーザーと同じ目線になって親近感を持ってもらう事で成約率を高めようという事になっているんですね。

何か法則だけ聞かされても情報が入ってこない人もいると思いますので、試しに新パソナの法則に沿ってランディングページの流れを解説してみましょう。

一応このランディングページの構成は、情報発信ビジネスに挑戦しているけどあまり成果が出ていない人に向けたランディングページの文章構成にさせて頂きます。

  1. Problem
    情報発信ビジネスに取り組んでいるけど全然成果が出ないと悩んでいませんか?
    もしかしたら集客・興味関心・成約率と言ったところに問題が…
    ボクなら今のあなたの悩みを解決できるかもしれません。
  2. Affinity(親近感)同じ境遇を共感しながら描写する。
    実はボク自身もこのような悩みを抱えていた時期がありました。
    問題点は分かっているのに門外解決の方法が分からない。
    ボク自身も経験しているので、このような悩みって本当に辛いと思います。
  3. Solution(解決策)問題解決策として商品とその機能などを紹介する。
    でも安心してください。
    コレさえすれば、きっと今のなたの悩みを解決できると思いますよ?
  4. Offer(提案)具体的な提案をする。
    実際にボクがどうして問題解決できたと思いますか?
    あなたと同じ悩みを抱えたボクがどうして問題解決したか知りたくありませんか?
    その悩みを解決できる商品を作りました。
    是非ともこちらの商品をお買い求めください。
  5. Narrowing Down(絞込)ターゲットや期間を限定するAction(行動)行動を促す。
    商品購入したいと思った方は、まずはメルマガ登録からお願いします。
    メルマガ登録してくれた方に限定して商品購入ページをご案内します。
    まずはメルマガ登録をよろしくお願いします!

新パソナの法則に当てはめたランディングページの概要を書いてみました。

この構成方法を読むとちょっと商品の中身が気になりませんか?

おすすめの方法のひとつなので参考にしてみてください。

ランディングページの文章を考える時のコツ

ランディングページを作る時、新パソナの法則を知ったからと言って上から順にいきなり文章を当てはめていけばいいという訳ではありません。

PASONAごとにどんな文章を書くのか、簡単に概要を書くのがおすすめです。

例えば上の新パソナの法則を紹介する項目で参考内の書いたのはランディングページの概要です。

このようにランディングページでどんな事を書くのかザックリと概要を書く事をログを取ると言います。

ログを取る事でランディングページの全体像を把握しやすくなり、どんな情報を伝えているのかが分かりやすくなるでしょう。

ランディングページを考える時には、まずはログを取るところから始めてみる事をおすすめします。

ランディングページを作る時のおすすめツール

ランディングページを作る時にはいろいろな方法がありますが、ユーザーの商品購入の成約率に大きく影響してくるページなのでキレイな広告ページにする事を意識する必要があります。

あまりにも安っぽいランディングページだと、情報発信者自体が疑われてしまう可能性もありますよね?

じゃあどうしたらキレイなランディングページを作る事が出来るのか。

無料・有料ツールを使ったランディングページの作り方をおすすめします。

ペライチ

ペライチを使ってランディングページの作成をボク個人的には一番おすすめします。

すでにある程度のランディングページの型が出来ているので、あなたが伝えたい情報を当てはめるだけの状態になっているから。

無料でも1ページはランディングページを作る事が出来ます。

でも結構制限が多いので、月額約2000円程度の有料プランにするのをおすすめします。

有料プランにすればランディングページの分析がしやすくなったり、ランディングページを複数枚作れたりして自由度が増すからです。

月額料金的にもそこまで負担が大きくないので、無料プランである程度の操作方法に慣れたら有料プランにグレードアップしてみると良いでしょう。

カラフル

ランディングページを作るのに、カラフルという有料ツールを使って作成する方法があります。

価格は8,760円の買い切りのツールですね。

WordPressに入れるだけで、ある程度デザイン性のあるLPを簡単に作る事が出来ます。

ただし、カラフルを使ったLPデザインは少しチープな感じがして少し前時代的なLPしか作れないように思います。

今回の記事でランディングページの構成方法は紹介しましたが、この構成方法を知らないと効果的なランディングページを作る事も難しく、成約率を大きく落としてしまう可能性もあります。

やっぱりキレイなランディングページん方が、情報発信者へのユーザーからの信頼度も変わってくるのが現実ですね。

PowerPointで画像を貼り付けて安く作る

PowerPointでプレゼン画面を作って、その画像を貼り付けてランディングページを作る方法もあります。

ユーザーに伝えたい情報をしっかり伝えることが出来れば、商品販売の成約に繋げる事でも出来ます。

ただしランディングページのクオリティーが高い物を作る事は難しいでしょう。

資金に全然余裕がない人の場合は、最悪この方法でもいいかもしれません。

ランディングページを分析する

あなたが作ったランディングページが、どれだけ人に見られているか分析する必要があります。

新パソナの法則に当てはめてランディングページを作ったとしても、反響が少ない事だって全然あり得るんですよね。

特に初期に作ったランディングページで、いきなり反響が大きいランディングページを作れるなんて事は少なくて、情報分析して改善して徐々に反響の大きいランディングページに成長させていく必要があります。

じゃあどうしたらランディングページの反響を分析する事が出来るの?ってなると思います。

これからランディングページを分析する方法について紹介していきます。

まずはランディングページを広告に出してみる

あなたのランディングページの反響を分析するには、まずはランディングページを見てもらわなければいけません。

本来、ランディングページにアクセスを集めるにはブログやSNSなどで集客した人の中で興味を持ってくれた一部の人がランディングページにたどり着きます。

でもまだ初心者で、アクセスの集まらないブログサイトやSNSを運営している場合、ランディングページまで見てくれる人は少ないです。

でもランディングページを見てくれなければ、効果的なランディングページを作れているかどうかを分析する事が出来ません。

そこで手っ取り早い方法として、少額でもランディングページをWeb広告に出してしまうのが良いでしょう。

リスティング広告やFacebook広告など、どんな広告を出すかはあなたの自由です。

広告を出すとウソのように簡単にアクセスが集まります。

だから作成したランディングページの反響を分析できるんですね。

ボクはFacebook広告で、まずはランディングページの分析をした事があります。

1日1000円の広告費でもランディングページへのアクセスは集まりますので、ランディングページの分析に役立ちますよ。

ランディングページの分析方法

ランディングページにどれだけアクセスを集めても、そこから成約が取れなければ意味のないランディングページとなってしまいます。

もし成約が取れないとなったら、なぜ成約が取れないのか分析して改善する必要があります。

そこで成約が取れないランディングページの特徴として、そもそも最後まで読まれていない事があります。

例えばランディングページ自体が開かれていたとしても、長いランディングページを下の方までしっかりと読まれていないとしたら、本当に伝えたい情報すら伝えられていない可能性もあるわけですね。

じゃあどうしたらランディングページが下の方までしっかり読み込まれているのか調べられるのか。

それはミエルカヒートマップという無料ツールを使うのおすすめです。

ランディングページの全体を、まるで温度センサーのようによく読まれている項目は赤色、全然読まれていない項目を青色、という具合に色でランディングページの項目を評価してくれます。

これを利用すれば、ランディングページがどれだけ読み込まれているか分析がしやすく、離脱率の高い箇所も分かるので、そこを改善していけば下の方まで読み進められるランディングページを作る事も可能になってきます。

ちなみにミエルカヒートマップは有料版だと、個人のビジネスではかなり高額な利用料金になってきますので、まずは無料からスタートすれば大丈夫だと思います。

ランディングページを作る時に使用する画像

ランディングページを作る時には、いくつか画像を挿入した方が見た目が良くなります。

でも何でも勝手に画像を掲載したらいいわけではありません。

著作権の問題から、後にトラブルになってしまう可能性があるからです。

だからビジネスで使っても問題ない事を先に明記された画像提供サービスを利用するようにしましょう。

そこでオススメなサイトがO-DANです。

商用利用可能な画像だけをピックアップしてくれます。

実際にボクもかなりお世話になっているサイトですね。

このサイトはランディングページ以外でも、ブログに挿入する画像としても使えるのでブックマークしておくべきサイトのひとつでしょう。

まとめ

ランディングページはアフィリエイトや情報発信ビジネスなど、ネット上で商品を販売する時に最重要だと言われる広告ページです。

このページでどれだけ魅力的に情報提供できるかで、リスト取りの数や商品成約率に大きく影響してくると言っても過言ではありません。

その為にはまずは見た目の良いランディングページを作るようにしましょう。

初心者からランディングページを作る場合にはペライチを使った方法がおすすめです。

あなたが頑張ってランディングページを作ったとしても、あなたの価値観と世間の価値観にズレがあった場合、どれだけ一生懸命作ったランディングページでも本来の力を発揮してくれなくなります。

その反響分析をする為には、まずはランディングページにアクセスを集める必要があります。

でも初心者から情報発信ビジネスをした場合、ランディングページにいきなりアクセスを集める事は難しいでしょう。

だから手っ取り早い方法として広告を使ってランディングページにアクセスを集めるのがおすすめです。

1日1000円程の広告費で短期的でもランディングページにアクセスを集めることが出来ます。

そこからミエルカヒートマップというツールを使ってランディングページの反響分析をして、徐々にランディングページのクオリティーを高めていきましょう。

多くの人から反響があるランディングページを作る事ができれば、成約率がアップするので売上に直結してくる事でしょう。

ぜひこの情報を参考にしてクオリティーの高いランディングページを作ってみてください。