会社員の悩み

【悲報】30代サラリーマンの年収は少なすぎ!現状から抜け出すには?

サラリーマンが年収でどれくらい稼いでいるのか気になりますよね?

これからサラリーマンになろうとしている大学生の方、すでにサラリーマンとして働いていて他の人の収入が気になっている方。

多分あなたが想像している以上に稼げていません。

特に30代サラリーマンは、これから家庭を気づいて子供を育ててたくさんのお金が必要になってくる時期です。

この記事ではこれからサラリーマンの年収がどれくらいなのか。

あなたがサラリーマンとして働きながら収入を増やす為にはどうしたら良いのかについて紹介していきます。

30代サラリーマンの平均年収

まずは30代サラリーマンの平均年収を、性別・業種・エリートサラリーマンのそれぞれのジャンルで紹介していきます。

まずはあなたに近い人がどれくらい稼いでいるのか見てみましょう。

<※国税庁ホームページを主に参照>

男女別30代の平均年収

30代の平均年収について男女別と合計について紹介します。

男性 女性 合計
30~34歳平均年収 513万円 307万円 450万円
35~39歳平均年収 589万円 291万円 499万円

男女の年収に大きな差がありますね。

女性はこの年頃になるまでに結婚して子育てに専念する人も多いので、仕事から離れる事が多くなります。

だから年収も年齢に比例してアップしていない事が分かります。

業種別の30代サラリーマンの平均年収

業種別の30代サラリーマンの平均年収を見てみます。

※目安の金額になります。

金融系 560万円
教育・学習系 480万円
建設・不動産系 390万円
小売業 400万円
医療福祉 380万円
製造業 370万円
飲食サービス業 340万円

業種によって年収にかなり開きがある事が分かります。

また平均年収が少ない業種ほど、その業種で働いている人口が多いのも特徴です。

エリートサラリーマンの平均年収

エリートサラリーマンと言われる人たちの平均年収は800~1000万円以上を稼ぐような人たちを指します。

年収だけを見ると普通のサラリーマンの倍以上の年収を稼いでいます。

このような人たちは、大企業や外資系企業などの会社で働いていて最前線で指揮を執っているような人たちですね。

大企業と言われる会社で働いている従業員数は少なくとも300人以上。

その中の1割程度のサラリーマンがエリートサラリーマンとして働き、多くの収入を貰っています。

中小企業で働いている人の場合だと、それだけの高額なお給料を支払う余裕もない事の方がほとんどなので、エリートサラリーマンになれるのは大企業の最前線で働いている一部の人たちがほとんどのようですね。

サラリーマンの平均年収の真実

年代問わずサラリーマンの平均年収は432万円程度だと言われています。

この金額を聞いた時多くの人はこう思ったはずです。

「自分の貰っている給料はもっと少ない…」

実はそのように感じるのはもっともで、平均年収は一般サラリーマンの年収とエリートサラリーマンの年収も含めた平均を出すので平均年収の数字が大きくなってしまうのが原因です。

エリートサラリーマンは一般サラリーマンの倍以上稼ぐ人がたくさんいるので平均値が上がってしまうのは理解してもらえると思います。

じゃあ現実的な平均年収はどれくらいなのかを紹介します。

中央値について知ろう

あなたが想像しているような平均年収を知りたければ中央値という言葉を理解しておくべきです。

中央値とはどのような数字なのかというと、一般サラリーマンの平均年収、エリートサラリーマンの平均年収を別に考えた数字が中央値だと理解しておけば多く間違いありません。

じゃあ一般的なサラリーマンの平均年収はどれくらいなのか。

それは約370万円だと言われています。

どうでしょうか?

あなたの年収にかなり近づいていませんか?

平均年収と中央値との差が大きいほど収入の格差社会が広がっていると言われています。

そしてこれからどんどん金額の差は大きくなっていくと言われています。

サラリーマン年収の限界

サラリーマンの年収には限界があります。

どれくらいの年収が限界なのかというと、あなたが働いている会社で一番稼いでいる人の年収が現時点での限界だと言えるでしょう。

つまりあなたが大企業で働いていてエリートサラリーマンになることが出来れば年収1000万円だって夢ではありません。

でも中小企業で従業員数も少ない会社で働いているのならエリートサラリーマンが稼ぐような年収を稼ぐ事は難しいでしょう。

中央値から見た平均年収は約370万円手取りなら約300万円になります。

ボーナス別に考えたら平均月収は手取りで20万円無いでしょう。

30代サラリーマンの場合、大体これぐらいの年収が現実的です。

これから家庭を築いて将来を見据えて子供を養っていくには、かなり厳しい金額だと言えます。

もちろん年を重ねていけば貰える収入も増えていくので年収も上がっていくかもしれません。

あなたがサラリーマンとして働いて、将来どれくらい稼げるのか疑問に思ったら働いている会社の先輩に年収がどれくらいか聞いてみてください。

その金額が現時点でのあなたのサラリーマン年収の限界となります。

サラリーマンが年収を増やす為には…

あなたが今の会社でサラリーマンとして働いた時の収入の限界について解説してきました。

収入に不満があるのなら収入面で好条件な会社に転職するのも一つの手です。

でも転職するにも転職活動も大変だし、今の仕事の人間関係が良好だと辞めるのもためらってしまうでしょう。

じゃああなたが今の会社を辞める事無く年収を増やす事はできないのかと言われればそうではありません。

方法は大きく分けて2つあります。

1,会社に貢献して評価される事で年収を上げる。

2,副業を始めて年収を上げる。

もうこの2つの方法に絞られると思います。

そこで今回はこの2つの方法を掘り下げて考えてみましょう。

会社に貢献して収入を上げる

あなたが今働いている会社でもっと貢献するできれば社内評価が上がって収入が上がる可能性があります。

一般的に考えたら会社にとって使える人材は、ライバル会社に転職されないように高額なお給料を与えても会社に残ってもらいはずです。

だからあなたがスキルアップなどをして会社の中で必要な人材となれば収入が上がると考えられますね。

じゃあどんなスキルアップをすれば会社から評価されやすくなるんだろう?

それは会社がどんなスキルを必要としているのか分からないので一概にコレだとは言えません。

でも基本的にパソコンの情報処理のスキルがあれば重宝されますよ。

特にoffice系(Word、Excel、PowerPoint)のスキルは、どんなジャンルの仕事でも幅広く必要とされるスキルです。

またパソコンを使った情報処理のスキルが上がれば短時間で多くの仕事が進みやすくなります。

その結果あなたの仕事が早くなって時間的な余裕が出来てミスが少ない正確な仕事が出来るようになります。

時間的な余裕ってかなり大事な事だと思いませんか?

そして仕事が早くなると社内評価が上がりやすくなるんです。

仕事が早い人はどんな会社でも好まれる人材になれますよ。

他にも会社で役に立つと思った事でスキルアップして会社に貢献すれば、長期的な目線で見れば会社内で評価が上がって出世して収入が上がっていく流れになります。

副業を始める

副業を始めるのが一番手っ取り早い収入アップ方法ですね。

サラリーマンとして1年働いた時にどれくらい昇給してますか?

役職に就くなどの特別なことがなければ毎年数万円程度の昇給じゃないでしょうか。

月々で換算すると多分2,3千円ぐらいの昇給になると思います。

じゃあその金額を副業でこれからあなたが稼ごうと思ったらそれほど大変な事じゃありません。

それよりも副業を頑張れば、あなたの会社で一番稼いでいる人の年収すら超えられる可能性があります。

じゃあどんな事をしたらいいのか紹介します。

副業するならネットビジネス

副業をするならネットビジネスを始めましょう。

サラリーマンとして働いているなら時間と労力に極力縛られないビジネスを始めるべきです。

副業と言われるとアルバイトを想像するかもしれませんが、時間と労力の負担が大きいのでおすすめしません。

その点ネットビジネスなら、パソコンとネット環境があればビジネスが出来るので完全在宅でビジネスができます。

またノートパソコンを持って気晴らしにカフェでコーヒーを飲みながらでも作業が出来ますよ。

最近のカフェではWi-Fiサービスが充実しているので、場所を選ばずにビジネスをする事が出来るのでおすすめです。

副業でネットビジネスを始める時に必須のスキル

もしあなたがネットビジネスを始めたいと思ったら、最初に身に付けておくと便利なスキルがあります。

それはライティングのスキルです。

今あなたがこの記事を読んでるのも文章を読んでますよね?

ブログ、SNS、YouTubeなどでもそうですが文章を使わずに出来る情報発信はありません。

だからまず最初に勉強するべきはライティングです。

クラウドソーシング

クラウドソーシングは、依頼主からブログサイトやYouTubeなどで使用するデザインや編集などの仕事を受注して手伝う事で報酬が貰えるネットビジネスです。

あなたが出来そうな依頼で仕事を受注稼ぐ事が出来るのでパソコン1つで稼げますよ。

だからサラリーマンが年収アップを狙って多くの人が挑戦しているビジネスのひとつです。

先ほどライティングのスキルはあった方が良いと言いましたが、ライティングのスキルアップをすれば今ボクが書いているようなブログ記事を代筆して1文字いくらで稼ぐ事もできます。

他にもプログラミングやWebデザイン系の仕事もたくさんありますので、スキルがある人は挑戦してみると良いでしょう。

ブログ

ブログで情報発信してビジネスをする事もできます。

たくさんのブログ記事を投稿して、あなたの商品に興味を持って欲しいと言ってくれた人に商品を販売していきます。

ブログを使ったビジネスはかなりおすすめですよ。

ブログビジネスの最大メリットは、ビジネスをする為の固定費がとても安い事です。

だから大学生のアルバイトの人や一般サラリーマンでも始められます。

難点は誰でも簡単に始められるので挫折してしまう人がとても多いという事。

だからネット上で批判的な情報たくさん流れています。

変に煽ったようなブログタイトルで簡単に稼げると思われがちですが、実際は稼げるようになるまで最低半年程度の時間と労力は必要です。

ちなみにブログを使って、あなたの商品を販売する事もできれば他人の商品を販売する事もできます。

他人の商品をおすすめして販売する事で、一定の広告料を貰って稼ぐ事をアフィリエイトで稼ぐと言います。

ブログでの稼ぎ方は様々ありますので、ボクがやっているブログビジネスで良ければ参考になる記事を投稿していますので参考にしてみてください。

まとめ

サラリーマンの年収についての記事を書いてみました。

30代サラリーマンの年収の現実を知ってどのように感じましたか?

正直、ボクはこのサラリーマンの年収では将来がちょっと怖いと感じました。

この記事の中でも紹介したんですが、ボク自身がサラリーマンとしてレンタカー会社で働いている時にとりあえず身近で一番稼いでいる人の年収を聞いたことがあります。

その時に教えてもらった金額は30代前半で年収400万円程度だという事実でした。

平均年収よりは少ないですが、中央値よりも少し多めにもらえている程度です。

また自動車販売系の営業でトップとをっている人の年収を聞いたこともあります。

見せてもらった給与明細は年収で1000万円を軽く超える金額でした。

つまり働いている会社によって稼げる金額の上限は確実にあるという事。

収入に不安を感じて転職するもの有効な方法です。

でも人間関係が良いと簡単に会社を辞めるのも難しでしょう。

その時には会社に貢献して出世して収入を上げる方法が1つ。

もう1つが副業をして収入アップを考える方法です。

これはボク自身も実際にやってきた事なので副業で収入を増やすのはおすすめだと考えています。

もしあなたが30代サラリーマンの平均年収等の情報を見て不安を感じたのなら、その問題を解決する為の何かしらの行動をする事はとても大切です。

サラリーマンの平均年収を超えて、安定した収入で余裕のある人生を過ごしてください。

最後に

ボクは情報発信ビジネスという、情報やスキルを商品化して販売する情報発信ビジネスに取り組んでいます。

もしあなたが副業で収入アップを目指したいと思ったら、役立つ情報をメルマガで配信していますので興味がある方はメルマガ登録してみてください。

【メルマガ登録はこちらから!】