ブログの始め方

【ステップ6】ブログの書き方|ライティングの基礎と逆転の発想

ブログで情報発信をしようとしている人の中で記事の書き方が分からないという人って案外多いんです。

だってライティングスキルがあるからブログを始めようと思ったという人なんてわずかですよね?

普通は文章を書く事に慣れていない初心者からスタートします。

どうしたらユーザー(読者)に理解しやすい文章を書く事が出来るのかと悩んでしまうんです。

そこでブログ記事を書く基礎と、多くの人が気付かない逆転の発想を紹介します。

ブログを書く時の基礎

ブログで記事を書く時にはユーザーに分かりやすい情報を提供することが重要です。

じゃあユーザーに分かりやすい記事ってどんな記事でしょうか?

それはすぐに問題解決が出来る記事だと言えます。

そこで基本的な考え方を紹介します。

記事の価値はたった数秒で決まる

ブログ記事に訪れたユーザーは、記事の価値を約8秒で決めると言われています。

あなた自身が検索エンジンで情報を調べてみた時の行動を想像してみてください。

Googleなどの検索エンジンで調べたい情報を検索した。

検索結果の記事タイトルを見て知りたい情報がありそうな記事をクリックした。

記事を飛ばし読みして知りたい情報があれば熟読する。

このような流れでネットで情報を調べていませんか?

つまりタイトルと見出しを流し読みする程度で記事の価値を決められてしまうという事です。

読む価値がある記事だと思ってもらう方法

悩みを抱えたユーザーがあなたの記事をクリックした時に読む価値があるブログ記事だと思ってもらうためにはどうするべきだと思いますか?

それはすぐに悩みを解決できる情報が掲載されている記事です。

悩みを抱えた人が問題解決したいと思っている場合、可能か限り短時間で効果的に問題解決できる方法を探しています。

だから最後に答えがあるようなダラダラ長い文章はウザいと思われて別の記事に移動されてしまうのです。

ウザいと思われて別の記事に移動されない方法は、記事の最初に問題解決方法を紹介して読み進めるにつれて具体的な情報が分かってくる文章を書くようにしましょう。

初心者からのブログ記事の書き方

初心者からのブログ記事の書き方を紹介します。

この方法をそのまま使ってもらえれば大きく間違いのないブログ記事が書けるはずです。

具体的な方法をいくつか紹介していきますので参考にしてみてください。

ブログ記事の全体像を把握する

ブログタイトルの決め方の記事でも紹介しましたが、まず最初にするべきはこのブログ記事でどんな情報を提供するのかという事を書き出しましょう。

そうすれば記事でどんな情報を書くのか全体像が把握できます。

文章の流れは考えなくてもOK。

思いつくままに書くべき情報を書き出すのです。

見出しを考える

書き出した情報をまとめて見出しを考えましょう。

見出しとはブログ記事の目次の部分です。

この記事でも目次が表示されているので参考に見てみてください。

ブログ記事の全体を把握するために情報を書き出したら、その情報をカテゴリー別にまとめましょう。

各々カテゴリーに分けることが出来たら、それがブログ記事の見出しになります。

文章の書き方

見出しを考えたら、見出しに合った文章を書いていきましょう。

そうする事で情報を深堀出来るような記事を書く事が出来るのでユーザーにとって分かりやすい記事を書く事が出来ます。

その時におすすめする記事の書き方がありますので紹介しておきます。

①問題解決する方法(結論)を書く。

②なぜそう言えるか理由を説明する。

③具体例を紹介して情報の信頼性を強くする。

このような流れで記事を書いていくとユーザーに説得力の高い記事を書く事が出来ます。

例として簡単に説明してみましょう。

【食事制限ダイエットをしているけど挫折して失敗している人に向けた記事を書く場合】

①今のままでは食事制限ダイエットで痩せる事はできません。(結論)

②食事制限をしようと思っているのについつい食べてしまっているのが原因です。(理由)

③食事制限は辛いので日常のストレスを抱えた人の多くは挫折してしまう事が多いです。そんな時には根本的なダイエット方法から見直す方法がおすすめです。(具体例)

ブログ記事を構成して、見出しまで考えたら基本的にはすべてこの流れで記事を書いていけばユーザーにとって分かりやすい記事を書く事が出来ます。

なぜこのような書き方をするのかと言うと、結論が先に書いてあるのでユーザーの悩みをすぐに解決できる書き方になっているから。

この記事の最初の方にも書きましたが、悩みを抱えたユーザーが記事を読む価値があるかどうかは約8秒で判断するので、最初に答えを書く事でユーザーにとって親切な記事が出来上がります。

ブログ記事を書く時の注意点

ブログ記事を書く時にはいくつか注意点もあります。

これから説明する事を意識しておかないと、記事全体がユーザーにとって読みにくくなってしまうからです。

ユーザーが読みにくい記事を書かない為にも、このような事に注意して記事を書く事を意識しましょう。

文字数が多い記事が有益ではない

文字数が多い記事が有益な記事ではありません。

タイトルに書いてある情報を短文で分かりやすく書いてある記事がユーザーにとって読みやすくて親切な記事だと言えます。

出来るだけ簡潔に分かりやすく記事を書く事を意識しましょう。

文字数はSEO対策にならない

間違ったSEO対策の考え方として文章の文字数の多さがSEO対策になると思っている事です。

文字数の多さは根本的なSEO対策にはなりません。

もちろん文字数が多いという事は情報量が多いという事なのでSEOに一定の効果があるというのは否定はしません。

でもそれはたくさんの見出しでユーザーに伝えるべき情報が多いから結果的に文字数が多くなっているんです。

ただ文章量が多ければ良いという考え方は捨てましょう。

文字数に捉われると1つの情報を余計な文字を加えて遠回りして伝えていることになるのでユーザーにとって読みにくい文章になってしまいます。

ユーザーに語り掛けるような文章にする

ユーザーがあなたの記事にたどり着いた時、ユーザーとあなたが一対一で話をしている感覚で文章を書くようにしましょう。

そうする事でユーザーの信頼性が高くなるからです。

たくさんの人が問題解決したくてブログ記事に来てくれています。

悩みを抱えてブログに来てくれたユーザーに対して「自分も同じように悩んでいました、その時にこのように問題解決しました」というようにユーザーと同じ目線で文章を書く事でユーザーからの信頼が高くなります。

この時に嘘の情報を書いてはいけません。

嘘はバレると一気に信頼が無くなりますので本当の事だけを伝えましょう。

「です・ます調」で統一する

文章の最後は基本的には「です・ます調」に統一しましょう。

どんな情報本をみても、ブログ記事を見ても多くの場合で「です・ます調」になっていませんか?

それはユーザーに馴染んでいて読みやすいからです。

たまに「~だと思う」「~だからだ」「~である」と言った文章を書いている人がいます。

このような書き方も全然間違いではありません。

言い切る事で伝えている情報に自信を持っていると感じるかもしれません。

書いている文章の書き方が差別化出来てユーザーの記憶に残りやすいかもしれません。

でもボクの個人的な意見では、表現が強く感じるのでこれからの時代ではウケが悪いんじゃないかなと考えています。

ブログ記事を書く時の逆転の発想

ブログ記事を書く時には逆転の発想も必要です。

ブログ記事を書く時には、たくさんの人に見てもらって分かりやすい記事を書こうとしていませんか?

確かに理想はそうです。

でもそれが本当にあなたの目的に合ったブログ記事になっているのかは話が別だといえるでしょう。

どういうこと?って気になったら参考にしてみてください。

文章を上手に書こうとしない

初心者ブロガーにありがちですが、ライティングスキルもないのにいきなりプロのような文章を初心者が書こうとしていませんか?

このような考え方は捨てましょう。

初心者がいきなり完成度の高い文章を書く事は不可能です。

ライティングスキルをすでに持っている人との経験値の差から勝負は明白です。

じゃあどうしたらいいの?って思うかもしれません。

重要なのは上手にブログ記事を書こうとしない事です。

そもそもブログと言うのは、悩みを解決する為に情報発信するのが目的ですよね?

だから上手な文章を書く事が出来なくても言いたいことがユーザーに伝えることが出来ればOKという事です。

たまに上手な文章が書けなくてブログ記事を書く時の手が止まってしまう事があります。

上手な文章を書いている人と自分の文章を見比べて自信を失って、出来もしないのにプロのような文章を書こうとしてしまうからです。

プロのような文章を書く必要はありません。

ユーザーに伝わる文章を意識して書きましょう。

まとめ:ユーザーの為に文章を書こう

ブログ記事を書くという事は、ユーザーに読んでもらうために文章を書きます。

だからユーザーにとって読みやすい記事を書く事を絶対に意識しましょう。

今回ボクが紹介した方法は、個人的におすすめする方法であって絶対の方法ではありません。

「この方法の方がユーザーにとって読みやすい記事が書けるんじゃないか」と思ったなら、その方法が正解の可能性だって大きくあります。

つまりユーザーの為に記事を書くという根本的な考え方さえ持っていれば様々な方法があるという事。

あなたがユーザー目線に立って、悩みを抱えたユーザーをどうにかして助けてあげたいという考えから情報発信をしていけば確実に多くの人の力になることが出来ます。

文章を書くというのは、そのための表現方法のひとつでしかないという事です。

ABOUT ME
terry09
テリー【Webマーケティングコンサルタント】 2つの仕事をしながら、3つ目のビジネスとしてブログの副業をスタート。 時間がない中でもブログのビジネスを学んでその情報を伝えています。 会社員として働いて副業で収入を上げたい人たちの目線でどんなことが出来るかをボク自身が経験した事実から情報提供しています。 ブログ記事ではWebマーケティングやブログノウハウや副業などの情報をメインにして情報提供しています。 あなたのスキルを活かしてビジネスを始めてみませんか?