情報発信

100記事ブログ投稿した結果|アクセス全然集まらなくて苦悩します

100記事ブログ投稿した結果|アクセス全然集まらなくて苦悩します

あなたがブログでビジネスを始めようと思った時、ブログで稼ぐ為のたくさんの情報を調べるでしょう。

その時に「ブログで稼ぐ為に100記事投稿しましょう」という情報に触れる事が多いと思います。

では実際に100記事投稿した時にどうなるのか。

これからブログで稼ぎたいと思っている方にとっては想像もつきませんよね?

最初から嫌な言い方をすると、ほとんどアクセスが集まらなくて大きな挫折感を味わう人が多いでしょう。

ちなみにボクが初心者スタートでブログ100記事投稿した時に集まったアクセス数は、1日40PVほどでした。

「ブログは楽に稼げる」「初心者でもたくさん集客できる」という言葉を鵜呑みにしていたボクは、実際にサーバーを開設して100記事投稿した頃には半年ほどの時間がかかりましたが、成果は1日40PVという現実でした。

その時に経験した事は「何もリサーチせずに」「調子に乗った自分の価値観だけで」「自己満足で作業している」と100記事書いたころにトホホな状態になってしまいます。

時間とお金を使ってこの状態を経験したボクは、自分自身を分析してダメなところを分析しました。

このような経験から、ボクのように100記事書いて残念な結果にならないような情報提供できる記事を書いていこうと思います。

よろしければ最後まで記事を読んでみてください。

記事が長いと感じた時には目次から気になるところだけを読んでみてください。

100記事書いた結果分かった事

100記事書いて分かった事はたくさんあります。

100記事書き終える頃には、過去に書いた記事が評価されるようになってきて、リアルな読者の反響(アクセス数)に直面します。

そこでボクが100記事書いた結果、体験した事を紹介していきます。

これからブログを始めようとしている方にはネガティブな表現に聞こえるかもしれませんが、多くの人が経験して乗り越えている事ですので事実を受け止めましょう。

想像以上にアクセスが集まらない

0からの初心者の場合、100記事投稿した結果ぜんぜんアクセスが集まらなかったというのがほとんどです。

なぜなら初心者は根本的にアクセスの集め方を理解できていません。

初心者の場合、ネット集客の根本的なノウハウを理解していない人が多い為、情報提供者の言われたことをやってみたという人が多く、なぜその方法を実践するべきなのかという事を理解していない事がほとんどです。

コンサルを受けていたとしても、コンサルタントがどうしてそのようなアドバイスをしているのかと言う意図が分かっていないと集客する事は困難になります。

もし100記事投稿してみてアクセスが集まらなかったのなら、なぜアクセスが集まらないのかという事を、冷静に分析してみる事をおすすめします。

楽な作業ではない

ブログ記事を1記事書き上げるのは楽な作業ではありません。

今のボクの場合は、1記事書き上げるのに5時間以上は必要としています。

では5時間の間に何をしているかと言うと、まずはどんなキーワードが需要があるのか調べます。

「関連キーワード取得ツール」や「キーワードプランナー」を使用して、どんなキーワードを使って勝負するかを決めます。

そこからキーワードに対してのライバルチェックです。

このキーワードを使った時にライバルはどのような記事を書いてるんだろう?

記事の内容はどのようなものなのか、文字数はどれくらいなのか、どのような構成で記事を作っているのか、などを上位表示されている記事をチェックしていきます。

チェックをしてから、自分が記事を書いて上位表示されるためにはどのような記事構成にしなければならないかを検討します。

そこからタイトルを決めて見出しを決めて、見出しに対してどんな文章を書いていくかを考えます。

このような手順を進めていると、1記事を1時間程度で書き終えるなんて事は初心者にはまず無理なんですよね。

ブログ情報発信と言うと、日記のように自分の意見をたくさん記事にして書いていけばいいと思っている方もいるかもしれませんが間違いです。

読者がどんな情報を欲しがっているかという事を第一に考えた読者ファーストになって考える必要があるので楽な作業でブログ記事を書きあげる事はできません。

自分にブログが合っているかどうかが分かる

100記事書くことが出来れば、自分にブログ情報発信が合っているのかという事が分かってきます。

ボク自身の体験談として、ブログ情報発信で成果を出すまでの道のりは挫折と改善の繰り返しです。

10万円以上の投資をして、方向性が間違っていたことが理由で何も成果が出せなかったという事もありました。

情けない話ではありますが、ボク自身も何度もブログを投げ出しそうになった事がありますがギリギリのところで持ちこたえた経験もあります。

きっとブログで成果を出したいと思った時には、たくさんの挫折を経験すると思いますが、それでも続けたいと思ったらブログのビジネスに向いていると言えます。

100記事投稿した時の3大メリット

あなたがブログ記事を書いた時にぜんぜん集客出来なかったとしても大きなメリットが少なくとも3つあります。

これから100記事投稿しようと思っている方や、100記事書いたけど何も成果が出せなかったと落胆してしまった方も参考にしてみてください。

良いも悪いもとりあえず結果が出る

ブログで100記事投稿をすると、良いも悪いもとりあえず結果がでます。

100記事書いた結果たくさんの集客が出来る人もいれば、ぜんぜん集客が出来なかったという結果もあります。

ブログが成長するかはその結果をあなたがどのように受け止めるかと言う事になってくるでしょう。

きっと100記事書いたころには、どのような記事を書くことが良くて何が間違っているのかが分かってくると思いますので、100記事書いてから自分のブログを分析して改善していく事が出来れば、ブログを成長させる事が出来るでしょう。

データが集まる

100記事投稿できるとたくさんのデータが集まります。

100記事投稿した事によって検索エンジンで上皮表示された記事も中にはあるだろうから、その記事がなぜ上位表示されたのか分析する事が出来るし、サーとコンソールを使うとどのようなキーワードで記事が検索背れているのかを調べる事もできる。

ランクトラッカーを使うと過去に書いた記事の検索順位を調べることが出来るので、どのブログ記事の方向性が正しいのかわかります。

たくさんの情報発信者の情報も聞くことが出来るだろうから、本当にたくさんの情報を集めることが出来ます。

これらのたくさんのデータの中で自分が何をするべきなのか、どうしていかなければならないのかという事を考えて問題解決をしていく事が出来るでしょう。

ブログで稼ぐ事がどういう事か理解できる

100記事投稿する事が出来るとブログで家具という事がどういうことかという事が分かるようになってきます。

ブログで稼ぐという事は簡単ではない事、ブログで稼ぐ為にはたくさんの作業をしなければならない事、何か問題があった時にはどんな手段を使ってでも解決をしなければならない事もある事。

つまりブログで稼ぐ為のビジネスモデルを体感して、経営者としてどのようにしてビジネスを成長させていかなければならないのかという事が分かってきます。

書いた100記事を分析しよう

100記事書いたという事は、良いも悪いも様々なデータが残っています。

「自分が行動してみた→成果が出せなかった」という構図があるのなら、なぜ成果が出せなかったのかという事を分析する必要があります。

正直これが出来ないとブログで成果を出す事が出来ないというほど重要な事になってきます。

成果が出せなかった記事を分析するという事は、自分に足りない事を明確にして改善していく事になりますので、かなり重要な作業だと言えるでしょう。

ではどのような事を分析して改善していかなければならないのかを解説していきます。

キーワード選定がきちんとできているか

キーワード選定と言うのは、これからブログ記事を書く時にどのようなキーワードをメインにして記事を書いていくか決める事です。

これからブログ記事を書こうと思ったら、たくさんの人が検索しているキーワードを使用しなければなりません。

誰も検索しないようなキーワードを使って記事を書いても誰もあなたの記事を読みに来てはくれないでしょう。

だからまずはある程度検索されているキーワードを選ばなけれならないのです。

ボクが初心者の頃は、このキーワード選定について全く意識しない記事を書いてしまったので、あとで記事のタイトルなどを大きく軌道修正させました。

キーワード選定は記事が読まれるかどうかを大きく左右するタイトルに大きく影響しますので、しっかりとキーワード選定をして記事を書くようにしましょう。

読者目線の文章を書けていたのか

読者目線に立って文章を書くことはとても重要な事です。

読者は何か悩みがあって問題解決をしたいからあなたの記事を読みに来てくれているので、読者の悩みが解決できる読みやすい文章を書く必要があります。

特に文章を書くことに慣れていない人がいきなりブログで文章を書こうとすると、結局何が言いたいのか最後までよくわからない文章になることが多いです。

または結論が先延ばしされて記事を最後まで読まないと何が言いたいのかが分からない文章を書いてしまう事もあります。

でもこれって悩みを抱えた読者にとってかなりじれったく感じますよね?

だったら先に何が言いたいのか結論を先に伝えてから、なぜその結論になるのかを後から補足説明した方が、すぐに悩みを解決したい人にとってじれったくないし、掘り下げて情報を知りたい人のカバーもできています。

あなたが今ブログ記事を書いている最中で合ったり、これからブログを始めてみようと考えているのなら、この記事を読みに来てくれている読者はどのような意図があってブログ記事を読みに来て、どのような文章を書いて上げたらストレス無く記事を読んでくれるかを意識して書いていきましょう。

SEO対策を意識して記事を書いたのか

SEO対策を意識して記事を書くことが出来ていたのか。

SEO対策とは検索エンジン最適化と呼ばれる、Googleなどの検索エンジンで知りたい情報を検索した時に上位表示させるためのスキルです。

SEO対策をしていないと一生懸命記事を書いても検索ページで上位表示されることはありません。

SEO対策の知識を十分に理解しないうちに記事を書きまくってしまうと、誰も読んでくれない記事を量産してしまう事になりますので注意が必要です。

ちなみにボクはSEO対策について勉強したつもりで記事を書いたのですが、知識不足で読まれない記事を大量生産してしまうという大失態を犯してしまいました。

100記事書き上げた時点でランクトラッカーを使って記事のランキングをチェックしても全然上位表示されていない事に気づいて、自分の何が間違っていたのかを分析したらSEO対策の知識が大きく書けていたことが判明しました。

大量のゴミ記事を書きまくってしまったのですが、手間はかかりますが一つずつ書き直していく事で徐々に修正する事が出来、いくつかの記事は上位表示させる事が出来るようになりました。

100記事書いたまとめ

100記事書き上げて最初にボクが感じたのは、大きな絶望でした。

正直ブログを辞めてしまおうかと真剣に悩んだのも100記事書き上げた時です。

多くの人が100記事書くことをおすすめしているので、100記事書けばアクセスが集められるだろうという意識しかなかったのが大きな間違いでした。

でも100記事書いた時になぜアクセスが集められないのかという事を自分なりに分析すると、投稿した記事には大量の間違いがある事に気づかされました。

改善しなければならない事が膨大にありすぎて、かなり嫌な気持ちになったのを覚えています。

しかし考え方を変えれば、地道にコツコツ修正していけば半年後にはアクセスを集められるブログを作り上げることが出来る事ができるだろうという予測もできたので、何とか投げ出さずに継続する事が出来ました。

100記事書くというのはあくまでキリが良い目安の数字です。

100記事書いたからと言って、コンテンツの質が低ければ全然アクセスを集める事はできません。

でも100記事書けば、ボクのようにゴミ記事を大量生産してしまったとしても、データは集まるし改善点も見えてくるようになるでしょう。

そういう意味でも100記事書くという事は初心者から中級者にステップアップするための作業量です。

作業に慣れて、何が良くて何がいけないのかという事を理解するために必要な事だと言えます。

100記事書ければやっとブログのスタートラインに立つことが出来る、と言う意識で頑張てブログに挑戦してみてください。

ABOUT ME
terry09
テリー【Webマーケティングコンサルタント】 2つの仕事をしながら、3つ目のビジネスとしてブログの副業をスタート。 時間がない中でもブログのビジネスを学んでその情報を伝えています。 会社員として働いて副業で収入を上げたい人たちの目線でどんなことが出来るかをボク自身が経験した事実から情報提供しています。 ブログ記事ではWebマーケティングやブログノウハウや副業などの情報をメインにして情報提供しています。 あなたのスキルを活かしてビジネスを始めてみませんか?