未分類

リスティング広告7つのメリット|費用効果やデメリットも解説

リスティング広告7つのメリット|費用効果やデメリットも解説

こんにちは、ヒロキです。

ネットで商品を販売するためには、たくさんの人をネット上で集客して商品を認知してもらう必要があります。

ブログ記事を書いて安価で安定的な集客方法はSEO対策をしたブログ記事を書いて認知してもらう方法です。

でもSEO対策をして情報発信をした場合、SEO対策の知識を勉強しなければならないし、多くの人に認知してもらうまでに多くの時間が必要になるというデメリットがあります。

リスティング広告は広告費用を支払う代わりに、たくさんの時間と労働力をショートカットできる広告方法です。

ではリスティング広告を利用する事でどのような事が出来るのか、具体的な情報を解説していこうと思いますので、よろしければ最後まで読んでみてください。

もし記事が長いと感じた時には、目次から気になるところだけを読んでみてください。

リスティング広告とは

まずリスティング広告には検索連動型広告とディスプレイ広告の二種類があります。
検索連動型広告はGoogleなどの検索エンジンでなにかしらのキーワードを検索した場合、その検索結果画面の上部に出てくる広告を指します。

出てくる広告はキーワードが事前に設定されており、関連する広告が出てくるようになっています。

キーワードで出てくるので別名キーワード広告、PPC広告とも呼ばれています。

PPCアフィリエイトの教科書|初心者の始め方やサイト作りを解説こんにちは、テリーです。PPCアフィリエイトを始めようかと考えている方は、すでにアフィリエイトで稼ぎたいと思っている方が多いでしょう。そんな方へどのように始めてどうしたら稼げるのか知りたい方には必見の記事になっています。...

ディスプレイ広告は広告を掲載してくれるパートナーサイトのコンテンツ内に表示する広告になります。
テキスト、バナー、動画などの形式をとっており、コンテンツ内に出てくるのでコンテンツ連動型広告とも呼ばれています。

どちらのタイプでも、クリックされるたびに広告費がかかる(クリック単価は自分で決められます)クリック課金型が一般的ですが、表示されたされた回数でかかるインプレッション方式も選べます。

リスティング広告7つのメリット

リスティング広告を利用するには広告費用が必要です。

ではなぜ広告費用を支払ってまでリスティング広告をする意味があるのでしょうか?

リスティング広告を利用するメリット7つをご紹介します。

集客の時間短縮ができる

普通にコンテンツを作成して集客を行うよりも、リスティング広告を利用すれば集客を簡単に行うことができます。

広告費を払うことで、検索連動型広告であれば、本来なら上位表示させるために必要なSEO対策を施すことなく、検索画面の上部に表示させることができるから。

そしてディスプレイ広告ならば、広告枠を用意してくれているパートナーサイトが勝手に集客をしてくれるからです。

どちらの広告形式を取っても、面倒で確実とは言えないSEO対策をする必要なく集客することができます。

実際にSEO対策には時間も労力もかかり、対策をしても記事を上位表示させるためには半年ほどの時間が必要です。

しかし、リスティング広告は費用を払うことでこのステップを一気に省くことができるので効率よく集客することが可能なのです。

情報を欲しがっている人に宣伝できる

これは検索連動型広告で大きく発揮されるメリットですが、誰にでも関係なく広告を表示させるよりも、積極的に情報を求めている人に提供したほうが効果があるのは言うまでもありません。

そこで、検索されたキーワードに関連性の高い広告を表示することができる検索連動型広告なら、そのキーワードからどのような悩みを抱えているのか推測でき、ダイレクトにその悩みの解決策を提供できます。

例えば、電車の中吊り広告でダイエットサプリメントの広告を出しても不特定多数の人には届くものの、当然ダイエットしたい人ばかりが見るとは限りません。

しかし、「ダイエット サプリメント」というキーワードで検索した人はサプリメントを使ってダイエットをしたい、もしくは興味があるといった情報を欲しがっている人です。

このような人をたくさん集め、その悩みに対して欲しがっている情報、この場合ダイエットに効くサプリメントの紹介など…を直接宣伝・提供することが出来るので、例え見る人が少なくても成約率は高まります。

現状確認が簡単にできる

リスティング広告では現状確認が簡単に行えるため、運用方法を修正・改善がしやすいです。

実際にキーワードごとのクリック数・広告が表示された数(インプレッション数)・成約した数(コンバージョン率)がリアルタイムで確認することができます。

そして、リスティング広告は広告費を払いさえすればすぐに上位表示、集客できることもあり、結果が出やすいという特徴があります。

なので、出して割と早い段階で確認しても分析材料が整い、すぐに分析 → 修正の流れに持っていきやすいということです。

少々細かな分析が必要ですが、安心して運用できますね。

広告費の予算調節がしやすい

広告費がかかるのでお金の心配をしてしまいますが、「広告費が予想よりもかかりすぎてしまった」ということがありません。

リスティング広告は入稿時に1日いくらまで広告費をかけるか設定できるからです。

このように広告費の投資予定額が設定できることによって予算オーバーを防ぐ事が出来ます。

先ほど出てきた現状確認が簡単にできる特徴と合わせてうまく広告費と収益のバランスを見て調整していきたいところです。

他媒体に比べて個人でも無理なく広告が出せる

リスティング広告でかかる広告費は広告の中でも良心的な金額から入稿可能です。

しかし、上位表示枠はオークション形式なので人気のキーワードだと高くなっていきます。

また、先ほども出てきたように事前にかかる費用を設定できるので予算オーバーを防ぐこともできます。

このように個人レベルで払える範囲に収まっており、他媒体と比べても多額の高額投資をする必要がないところは大きいでしょう。

例えば、アルバイトの求人雑誌でも1回毎月数十万円の広告費がかかっています。

個人で高額な広告費用が必要になってしまうとそもそも払えなかったり、払えても間違った広告を出してしまったら、成果はなにも出ずにただ大きな赤字が残って終わってしまうリスクがあります。

リスティング広告ならそういったリスクも少なくできるので、リスティング広告に詳しくなくても1回お試しで安く広告を出してみるのもありでしょう。

また、何度もお試しを繰り返して改善を続けていけば、安い広告費で高い宣伝効果が得られるようになります。

広告を出す意味があるかを簡単に分析できる

広告を出してからも、出す意味があるかを簡単に分析できるので、いつまでも意味のない広告を出し続けて赤字がかさむというリスクは少ないと言えます。

分析自体は、リスティング広告の費用と実際に商品が売れた金額の差を計算すれば、利益率が簡単に計算できるので、そこで広告を出す意味があるのかどうかが分かり、分析・改善することができます。

例えば、月に1万円のリスティング広告の費用を支払ったのに、8千円の売上しかなかったとします。
これでは赤字になるのでこの広告を出す意味がないと分析できます。

しかしそこでキーワードやページの見直しなど、色々改善して月に1万円のリスティング広告費用に対して3万円の売り上げをあげた場合、2万円の黒字になるので改善後の広告は出し続ける意味があることが分かります。

すぐに結果が出やすいリスティング広告だからこそ、このような分析も楽にできるのです。

すぐに広告を出す事が出来る

広告を出すとなると時間がかかって大変そうに思えますが、リスティング広告なら広告費さえ支払えば設定もろもろ含めて10分ほどで広告が掲載されます。

アカウントを取得・登録してから広告費を支払うと、すぐに広告を出す事が出来るのですごく手軽です。

申し込みをして広告を出せたら、実際に検索して確認してみてください。
検索結果画面を見れば広告が掲載されていることでしょう。

リスティング広告と自然検索の違い

自然検索とリスティング広告(ここでは検索連動型広告)はどちらも検索結果画面に表示されるページですが、大きく異なる点があります。

自然検索とは通常のブログ記事など、SEO対策をして検索上位を狙った記事を指します。
このような記事が検索上位に表示されれば、ほとんどお金を賭けずに集客することができます。

しかし、自然検索にはいくつかのデメリットが存在します。

まず、SEO対策に膨大な時間と労力、知識を必要とし、ジャンルにもよりますが、上位表示させるのに数か月~半年ほどかかること。
また、どんなに時間と労力をかけても必ずしも上位表示できるとは限らないということ。
そして、1度上位表示できたとしても検索エンジンの評価方法の変更などにより、いつまでも安定して維持し続けられるわけではないため、集客が安定して行えないことが挙げられます。

一方リスティング広告は広告費を支払う代わりにSEO対策を施すことなくすぐに上位表示をさせて集客する記事を指します。
時間も労力もかけずにほぼ確実に上位表示ができるので非常に楽に運用することができます。

ただし、集客をするためには広告費を払い続けなければならないのがネックになります。

リスティング広告の3大デメリット

これまでリスティング広告のメリットを紹介してきましたが、当然メリットばかりではなくデメリットもあります。

リスティング広告を利用するのであれば以下の3つのデメリットもしっかり頭に入れて行っていただければと思います。

広告費を払い続けなければならない

リスティング広告を利用する人の多くはSEO対策をする手間を面倒くさいと感じている人でしょう。

実際、「ブログを開設して記事を書いて商品を販売したいけど、記事が評価されるまで半年ほどの時間がかかるのは面倒だし大変だから、資金を使って手っ取り早く商品を宣伝したい」と考える人が多数です。

しかし、このような人はSEO対策についてのスキルがなく、その対策をせずに集客していくためには広告費を払い続けなくてはいけません。

たくさんの人に認知してもらいづらい

リスティング広告のページは情報を必要としている人にはダイレクトに届きます。しかし、逆に言えば潜在的な顧客なども含めてそれ以外の人には届きません。

そもそもリスティング広告自体が、ただ商品やサービスを紹介しているページだからです。

実際にリスティング広告のページを開いてみると、セールスレターといったチラシのようなページが出てきます。

一見目立ちますが、自然検索のページに比べると商品販売だけを目的にした意図を強く感じてしまいます。

一方で自然検索のページは個人のブランディングがされているのでサイト全体のファンになってくれる人がいたり、似たような価値観を持った人が集まりやすいという特徴があります。

商品やサービスだけに興味がある顕在的な顧客よりも広く、いろんな層の人を集めることができるので、発信者に共感した人や潜在的な顧客もつかむことができる可能性を秘めているのです。

こういった通常の自然検索のページと比べると、リスティング広告では届く範囲が狭いと言わざるを得ません。

細目に分析して改善していかなければならない

リスティング広告で収益をあげるには、どうしても細目に分析し、改善していくことが必要になります。

お金がかかっているので放っておいて多少お金が入れば良い、といった姿勢では赤字になってしまいます。

特に始めたばかりのときは試行錯誤の期間だと思ってください。

実際にリスティング広告初心者が失敗する理由の大きいところに、最初から予算をほとんどつぎ込み、分析と改善を怠ったことで赤字を背負ってしまっているということがあります。

逐一、現状確認をし、キーワードの見直し、広告費と売り上げの比率を計算して分析と改善を繰り返すくらいの覚悟は必要です。

リスティング広告の費用はどれくらい?

実際のところ、リスティング広告でかかる費用、相場はどれくらいなのでしょうか。

結論からいうとキーワードによってピンキリです。
しかしキーワードごとの相場を知る方法はあるのでそちらを紹介していこうと思います。

リスティング費用の目安の調べ方

リスティング広告にかかる費用を調べるにはGoogleキーワードプランナーを使用します。
キーワードプランナーでは、キーワードごとにどれくらいの費用が必要なのか確認することができます。

では実際に調べてみましょう。
例えば、あなたがダイエットサプリメントの広告を出したいとします。

クリック課金型の場合

上限クリック単価は100円で統一します。

ビッグキーワードである、「ダイエット」だけで調べてみると、なんと約340万円も必要であることが分かります。

しかし、同じダイエットと言っても、足だけ痩せたい人、筋トレして痩せたい人、食事制限して痩せたい人などさまざまです。
今挙げたような人にサプリメントの広告を出しても買ってくれる可能性は低いでしょう。

これでは費用ばかりがかかり、売り上げは少ないことが予想できます。

ならばと、直接「ダイエット サプリメント」というキーワードを入れてみましょう。
これでも人気のキーワードなので約30万円と結構かかり、最初はなかなかきついと思います。

このキーワードであれば慣れてきたころにアフィリエイト商品の報酬やコンバージョン数などの様子を見て、成果が上がってきたころに設定すると効果的かと思われます。

しかし、ダイエットするのにサプリメントを用いたい人はきっと楽に痩せたい人だろう、と予想して「ダイエット 簡単」にすれば11万円ほどで出せることが分かります。

ダイエット自体がかなりの人気ワードなのでそこまで安くはないですが、同じものを売るにもこれだけ値段を下げることができることが分かります。

穴場のキーワードを見つけるためにも色々予測して調べていくことをおすすめします。

無料で利用できるので、まずは実際にキーワードプランナーであなたがリスティング広告を出そうとしているキーワードをいくつか挙げて調べてみましょう。
これで事前にあなたの選んだキーワードがどれくらいの費用が必要なのか目安が分かるはずです。

表示課金型の場合

1000回表示を1回の課金にしているところが多いです。
残念ながら1回の課金がいくらかというのは事前に知ることはできません。

基本的に出稿時期やあなたが決めた広告費用などさまざまな要因によって金額が決まる仕組みなので、広告を出す人が課金されて初めて知る形になります。

しかし、相場はクリック課金型に比べると幾分か安い傾向にあります。
1回の課金が1000円を超えることはほとんど無いようです。

リスティング広告のまとめ

あなたが今後リスティング広告を始めようと決めた場合、キーワードの選定はもちろんのこと、最初から費用をかけすぎないこと、分析と改善が大事であることを十分に理解してから行うことが大事です。

最初から費用をかけすぎてしまったり、最初から稼げることを期待してしまうと、赤字のまま終わってしまいかねないからです。

うまくメリットの部分を生かしつつ、まずは少額で様子を見ながら賢く運用していけると良いですね。

ぜひ興味があればちょこっとずつお試しでチャレンジしてみてください。

 

ABOUT ME
terry09
テリー【Webマーケティングコンサルタント】 2つの仕事をしながら、3つ目のビジネスとしてブログの副業をスタート。 時間がない中でもブログのビジネスを学んでその情報を伝えています。 会社員として働いて副業で収入を上げたい人たちの目線でどんなことが出来るかをボク自身が経験した事実から情報提供しています。 ブログ記事ではWebマーケティングやブログノウハウや副業などの情報をメインにして情報提供しています。 あなたのスキルを活かしてビジネスを始めてみませんか?