情報発信

【総まとめ】会社の給料が安いという人が悩まない情報を簡単に解説

「一生懸命仕事をしているのに給料が上がらない。。。」

「旦那の給料が安くて切り詰めた生活をしなければならない。。。」

など、会社の給料が安くて生活に悩んでしまっていることはないでしょうか?

働いた仕事量に給料が見合っていなかったり、一生懸命仕事をしているのに全然生活が豊かにならないと将来に不安が出てきてしまいますよね。

ではそのような悩みを抱えたあなたがどうするべきかを総まとめで解説していきます。

この記事を読んだ時に得られる情報は

・給料が安いという人の悩みと解決策

・給料が安い会社の5つの特徴

・給料が安い事で転職しようとした時にどうするべきか

・給料が安いジャンルの仕事とランキングを紹介

・実際に転職を決断した時にどうするべきかを紹介

この5つの事にフォーカスして記事を書いていきます。

もし記事のボリュームが多いと感じたとしたら、目次から気になるところだけを読んでみてください。

それではよろしければ最後まで記事を読んでみてください。

Contents

給料が安いという人が感じやすい3つ悩み

一生懸命仕事をしているのに給料が安いと感じている人たちには大体の共通点があります。

という事は、給料が安いと感じる理由は多くの人が意見が一致しているという事です。

ではどのような事で給料が安いと多くの人は感じるのでしょうか?

給料が安いと感じる理由その1、仕事量が多すぎる

毎日目が回るほどの仕事をしているのに、給料アップはほとんどないし生活が楽にならない時に給料が安いと感じる人が多いようです。

仕事量が多くなってしまう理由として、あなた自身が依頼された仕事を断ることが少ないから周囲の人から「頼めばやってくれる人」というように見なされてしまって、余計な仕事までしていませんか?

「なんでこんな仕事まで自分がこなさなければならないんだ」と言うような思考になってしまうとストレスが溜まりやすくなりますし、精神的にも肉体的にも疲れてしまいますので、仕事を頼まれても上手な断り方を事前に用意しておくと良いかもしれません。

給料が安いと感じる理由その2、残業代がつかない

給料が安いと感じる理由として残業代が付かないという事も理由にあるようです。

働き方改革の影響で残業時間に関しては、大幅なルール変更がありました。

残業時間の上限は、原則として月45時間・年360時間とし、臨時的な特別の事情がなければこれを超えることはできない。

と言うルールです。

この計算だと、1ヶ月会社に出勤する日が21日だとすると1日当たり2時間ほどしか残業が出来ない事にあります。

「以前はもっと残業できたのに何で?」

って思うかもしれませんが、日本人は時間当たりの生産性が悪いとされており「短い労働時間で生産性のある働きをしましょう」という事で残業時間が大幅に削減された側面もあります。

つまりダラダラと長時間仕事をしていてはいけませんよ、という事から残業時間を国のルールとして大幅に削減しました。

しかし別の見方をすると、国は残業時間の削減をルールにしてダラダラ仕事をしていた人は作業効率を上げることによって対処できるかもしれません。

しかし働き方改革以前から本当に作業量が多すぎて残業しなければ仕事が回せていなかった人にとっては大問題です。

会社は働き方改革で労働時間の短縮をルールにしたけど、現実問題として現場では残業しなければ回せなかった作業量を更に労働時間を短縮されたことで、月の45時間の残業時間では作業を終えることが出来ずに、残業時間が45時間を超えないようにタイムカードでは調節しつつも会社に残ってサービス残業をしている実態もあります。

そうなると長時間労働をしているのに給料には反映されないから給料が安いと感じやすくなるようです。

給料が安いと感じる理由その3、時給計算をしてみたらアルバイトよりも安かった

45時間のみなし残業代を給料に計算されていても、仕事が終わらなければ45時間を超えた残業をしなければならない会社もあります。

長時間労働で、ある日労働時間と自分の月給から時給計算してみたらアルバイトとして働いている方が給料が良かったという事もあります。

仕事を終える時間なのに急に忙しくなってきて仕事を助ける為に残っていたら帰れなくなってしまい、サービス残業をせざるを得なくなってしまったという事もあるでしょう。

そうしたら、月給はいい金額貰ってるけどサービス残業の時間を加算して時給計算したらいくらになるかを計算した時に、アルバイトの方が時給が高いという事が分かった瞬間は力が抜けてしまうかもしれません。

給料が安いという悩みを抱えた人の3つの解決策

給料が安いと感じている人がどのような悩みを抱えているかという事を紹介しましたが、このような悩みを感じた時にどのように解決したら良いのでしょうか。

悩みの解決策を3つ紹介してきます。

給料が安いと感じた時の解決策1、転職がおすすめ

給料が安いと感じた時には転職する事をおすすめです。

給料面での不満だけで同僚との人間関係が良好な場合には転職する事にためらうかもしれませんが、あなたの本当の悩みが収入なのだとしたら転職するべきでしょう。

転職する事によって給料や労働条件が変わる事から、もしかしたら今よりも好条件の転職先が見つかるかもしれません。

転職先を調べる事は、空いた時間でパソコンやスマホで調べることが出来ますので、収入をアップさせるには手軽な方法だと言えます。

給料が安いと感じた時の解決策2、スキルアップ

会社によっては、あなたが会社に貢献できるようなスキルアップをする事で給料アップしてくれる会社もあります。

例えば建築会社なら1級建築士の資格を持っている人と2級建築士の資格を持っている人の給料が同じなはずがありません。

会社で役に立つスキルアップだけでなく、副業として個人で稼げるスキルアップをする事も収入アップに効果的な方法だと言えます。

しかし大きな年収アップは見込めないと思います。

もしあなたがスキルアップして会社の収入アップを狙うのなら、スキルアップした時にどれくらいの収入アップが見込めるのかを調べておくと良いでしょう。

給料が安いと感じた時の解決策3、副業を始める

会社で働いていて給料が安いと感じている場合、収入がアップすれば問題解決です。

それなら本業の会社だけで稼ぐ必要はなく、副業を始めて収入を増やすことが問題を解決できます。

あなたがどれだけ稼ぎたいかにもよりますが、現在はパソコンを使った完全在宅ワークでリスクなく毎月数万円稼ぐことが出来る方法というのはたくさんあります。

1年働いて月給数千円の給料アップを狙うよりも、1ヶ月で数万円でも個人で稼げる副業を持つ事の方が将来的に大きなメリットとなるでしょう。

給料が安い会社のジャンルランキングTOP5を紹介

給料が安くなりやすい定番ジャンルの仕事は確実にあります。

ではそれがどのようなジャンルの仕事なのか、またその仕事の平均的な年収はどれくらいでどのような悩みを抱えやすいのか。

年収という金額だけにとらわれずにランキング形式で紹介していきます。

給料が安い仕事ジャンル1位、美容師  平均年収347万円

給料が安い仕事ジャンルのトップは美容師です。

美容師学校で資格を取得して卒業した後、美容院に就職して実際に仕事を始めても稼げる金額は高くありません。

仮に年間ボーナス2回で、給料2ヶ月分×2回=年間4か月分のボーナスが貰えるとした時の美容師の月給は約22万円です。

しかしこの金額は平均年収で計算していますので、実際はもっともらえていない美容師の方が多くなる事でしょう。

美容師になる為に専門学校を卒業して、専門の資格まで取った人の給料が約22万円となると、専門学校を卒業するための投資に見合わないようにも感じます。

また労働時間も長く、立ち仕事で体力的にもキツく、皮膚や弱い人にとってはシャンプーなどで手が荒れてしまう人も少なくないようなので、本当に美容師という職業に憧れた人が就くべき職業だと言えるでしょう。

給料が安い仕事ジャンル2位、保育士・幼稚園教諭  平均年収340万円

給料が安い仕事ジャンル2位は保育士・幼稚園教諭です。

今は子供の扱いはとても気を使わなければなりません。

小さな子供な様々な事に興味が言ってしまう為、小さな物をすぐに口の中に入れてしまったり、転んだり高いところに上って落ちたり、友達と喧嘩をしてけがをした場合には、すぐに親から苦情を言われてしまいます。

もちろん保育士側に過失があれば謝罪するべきだと思いますが、一方的に保育園や保育士に責任を押し付けてくる人も中に入るでしょう。

また保育士の世界は基本的には女性社会になりやすいと思いますので、人間関係を維持する事も大変なようで、ボクの知り合いの保育士の中には地元の議員とつながりがある為、飲みの席で酒を注がされたり、余興をやらされた経験がある人もいました。

また保育方針について保育園側と個人の考え方に違いがあって、悩んでしまう人も多いようです。

このように様々な問題を抱えやすい環境でありながら収入も安いとなると、収入と仕事内容に疑問を感じてしまう人も多いのではないでしょうか?

給料が安い仕事ジャンル3位、介護士  平均年収329万円

給料が安い仕事ジャンル3位は介護士の仕事です。

介護士の仕事は体力的な問題や人間関係で悩みやすいようです。

お年寄りによっては寝たきりの方もいるでしょうから、数人で1人を持ち上げてベッドに移動させたり、夜勤のある仕事ですので体力的にもキツイ仕事といえるでしょう。

また介護施設の中ではたくさんの人と接する事になります。

介護施設にいるお年寄りの方たちや一緒に働いている同僚と上手に付き合っていく事が難しい事もあるようです。

年収も高くなく人間関係も体力的にも大変だという事から、離職率も高いジャンルの仕事のようです。

給料が安い仕事ジャンル4位、一般事務  平均年収328万円

給料が安い仕事ジャンル4位は一般事務の仕事です。

一般事務と言う仕事がどのような仕事をしているかと言うと、書類のコピー、パソコンを使った書類作成、電話応対という所でしょうか。

このような毎日同じ仕事を続けると、将来性を感じられなくなってきたり、作業自体に飽きてきてしまう事もあるようです。

また一般事務員は周囲から「簡単な仕事をしている人」という認識を持たれやすいせいか、何か事務仕事でミスをすると「こんな仕事でグズグズするな」というようなキツイ一ことを言われてしまった経験がある人も多いようです。

収入も少なく、将来性の少ない単調作業で周囲から舐められたような態度を取られてしまったら精神的にも辛くなってきますね。

給料が安い仕事ジャンル5位、飲食店店員  平均年収400万円

給料が安い仕事ジャンル5位は飲食店店員です。

飲食店の仕事は基本的に立ち仕事で忙しい店だとそこら中を走りまわるし、配膳で食事を運んだり、重い食材を運ぶこともある為体力的に大変な仕事です。

また飲食店の場合、チェーン店の場合基本的に年中無休にしている店が多く、プライベートな時間の調節が難しかったり、繁忙期の時期には何日も休みが取れない事もあるでしょう。

お酒を提供する店の場合は、酔っぱらったお客に絡まれたりするとストレスにもなります。

大変な仕事の割に年収が高くないので、給料が安いと感じやすいでしょう。

給料が安いと感じやすい会社の共通点5パターン

「一生懸命仕事をしていても、なかなか給料が上がらない」

「どれだけ頑張っても会社の待遇が全然よくならない」

このような不満を感じやすい会社にはある程度似たような共通点があるようです。

ここではその共通点を紹介していきます。

共通点その1、ブラック企業

ブラック企業の特徴とは、どのような考え方をしているか知っていますか?

どうやらブラック企業は人は会社が稼ぐ為のコマとしか考えていなかったり、人件費と言うのはコストでしかない、というような考え方が強いようです。

そのため上司からは強い口調で叱責されながらたくさんの仕事を強要されたり、長時間残業していても残業代をつけてもらえなかったりして追い込まれてしまうのです。

これでは精神的・肉体的にも衰弱してしまい、健康に生活することは難しそうですね。

共通点その2、仕事の効率アップの為の投資しない

個人の仕事効率をアップさせるためには、仕事がしやすい設備を投資する必要があります。

例えば、パソコンを使う仕事なのに、いつまでも動作が遅い古いスペックのパソコンを使っていて、新しいパソコンに換えようとしなかったり、ノートパソコン1台だけでモニターが無い為小さい画面で作業する事などは作業効率が悪くなります。

このように効率的な仕事をする為の道具に設備投資しない会社の場合は、もしかしたら改善点が分かっているのにそこに設備投資をすることが出来ないのかもしれません。

そうなると会社の業績が良くない可能性がある為、給料が安くなってしまう傾向が強くなるでしょう。

共通点その3、一族経営で社長の子供だという理由だけで役員になっている

一族経営で社長の子供だという理由だけで会社の役員になっている会社って案外あるように感じています。

最初は現場を経験させてから、どんどん役職が上がっていき、40歳ごろになると会社役員になっていきます。

例えば会社を立ち上げた社長と言うのは、資金も十分じゃない頃からどうにか会社を大きくさせる為に多くの苦労をしてきている人なので、社員目線でどうするべきかを考えることが出来ます。

しかし会社を立ち上げた社長よりも、全てが出来上がった会社を譲り受けた新社長の場合は、そもそも能力が低いのに社長になってしまったので、会社の利益を上げる事ばかりに注目してしまい、社員の幸せを考えない人もいるでしょう。

共通点その4、経営が危機的な状態で給料が上げられない

会社が危機的な状況になってくると、徐々に会社内の状況が変わってきます。

簡単に言うと経費の削減です。

毎年言っていた会社の社員旅行が無くなったり、設備が壊れそうなのに交換しようとしなかったり、希望退職者を募ったりする事など、様々な方面から経費を削減していくでしょう。

もちろんそのようになってくると、その会社で働いている人の給料が上がるはずもなく、むしろ一生懸命仕事をしていても給料が減額されてしまう事もあるでしょう。

共通点その5、会社を辞めてしまう人が多い

給料が安いと感じやすい会社は、会社を辞めてしまう人が多いです。

なぜなら会社を辞める理由として「給料が安い」という理由は案外多いのが現実。

一生懸命働いたのならそれに見合った給料をもらいたいと感じるのは普通の感覚だと言えるでしょう。

つまり会社を辞めてしまう人が多いという事は、給料に不満がある人が多い可能性が高いと言えます。

給料が安いと感じて転職しようと思った時の注意点

給料が安いと感じた時や人間関係に悩んだりした時には、今働いている職場を辞めて転職したいと考える人も多いと思います。

しかし衝動的にいきなり今働いている会社を辞めてしまったり、転職を考えている事を今働いている会社にベラベラしゃべったりしてしまう事など、注意しなければならない事という物がいくつかあります。

転職を考えた時の注意点について重要な事をいくつか解説していきます。

転職活動をしている事を今の職場の誰にも言わない事

給料の不満などが理由で転職を考えた時に、転職を考えている事を今働いている職場の誰にも言わない方がいいでしょう。

転職活動をしている事を誰かに話した場合、話した以上は話が広まる可能性があります。

もし周囲に噂であなたが転職活動をしていることが広まった場合、やっぱり転職する事を止めた時には会社に居づらくなる可能性があります。

誰にも言わなければ噂として広まる事も少ないと思いますので、転職活動をして確実に転職する事が決まった段階になってから人にしゃべるようにしましょう。

実際に転職する事を決めたのなら転職エージェントにまずは相談する

転職を考えたのなら、転職の専門家に相談してみる事をおすすめします。

転職エージェントに相談する事で、転職の相談に乗ってくれることでしょう。

具体的なアドバイスとして、

・一時的な感情で会社を辞めようとしていないか、転職しなければならない状況なのか

・あなたの経歴からどのような職場に転職するべきなのか

・あなたの経歴から転職した時にどれくらいの年収が貰える職場に行けるのか

・実際の面接の時にどのような事に注意しなければならないのか

このようなアドバイスが貰えます。

転職エージェントに相談するためにはどうしたら良いのかと言うと、「doda」「パソナキャリア」「マイナビエージェント」などがおすすめで、完全無料で対応してくれます。

今の職場で働きながら転職活動する事

実際に転職活動をするのなら、今の職場で働きながら転職活動をする事をおすすめします。

何故かというと、転職先が決定していない段階で今の仕事を勢いで辞めてしまうと、転職先が決まるまで収入が無くなってしまうので、退職後の生活が金銭的に大変になるでしょう。

一番いいタイミングでの退職タイミングは、転職先が決まって転職先での仕事が始めるまでの数ヶ月間の間に、今の職場で退職の意思を伝えて、残った有給休暇の消化などをしてキレイに退職することが出来ます。

勝手な思い込みで転職先を選ばない

有名企業だからきっと職場環境が良いはずだというような勝手な思い込みで転職先を選ばないようにしましょう。

大きい企業や有名企業だからと言って、あなたの理想の職場環境があるとは限りません。

そのような勝手な理想に捉われずに、転職したい企業ではどのような労働条件で仕事しているのか、実際に働いている人はどのように仕事をしているのか、などしっかりとリサーチしてから転職活動をするべきでしょう。

年収が高いからなどの理由だけで転職先を選ばない

給料が安いという事が不満で会社を辞めようと思った場合は特に「転職先では年収が高い職場が良い」と考えて、今の職場での年収よりも大幅アップさせたような転職先を選ばないようにしましょう。

例えば今働いている職場では「出来る人」と言う評価かもしれませんが、年収が上がった転職先では「使えない人」になる可能性があります。

それでも自分にはレベルの高い資格もあるし、経験も積んできた自信があるから大丈夫だと思わずに、客観的に見たらどのような評価なのかという事を友人から評価してもらったり転職エージェントに相談して評価してもらうと良いでしょう。

実際に転職活動をスタートさせた時の注意点

転職活動をするとなると様々な企業の面接会場へ出向くことになるでしょう。

その時に注意しなければならない事は、面接会場についた時点で社会人としてのマナーに気を付けるべき。

立ち振る舞いや社会人としてのマナーを、実際に面接の席に座る前からチェックされている可能性があります。

では社会人としてのマナーとしてどのような事をチェックするべきかと言うと、

・面接に行く時の服装や身だしなみ

・提出書類や筆記用具など忘れ物はないか

・絶対に遅刻することなく面接会場に到着する

・スマートフォンの電源は切っておきましょう

・受付からハキハキとした挨拶と受け応え

実際の面接前に注意しなければならない社会人としてのマナーはこんなところでしょうか。

ある意味当たり前な事ですが、すでに社会人として仕事をしていると慣れから気持ちが緩んでいる事もありますので、少し気を引き締めて注意しすぎているぐらいが丁度いいでしょう。

転職先が決まって給料が安い事が退職理由の時の退職の仕方

転職先が決まった時には、今働いている会社を退職しなければなりません。

退職を切り出す事は緊張するでしょうが、あらかじめどのような段取りで話をするかを決めておけば緊張も緩和されるでしょう。

退職意志を伝える時のタイミングを探る

あなたが退職の意思を伝える時、上司はある程度のまとまった時間が必要になります。

「それはなぜ退職するのか」「どこに転職する予定なのか」などの話をしなければならないからです。

上司も忙しいので、まとまった時間が取れる見込みもないタイミングで退職の意思を伝えるのは失礼になりますので、退職意志を伝えるタイミングはどこかを考えておきましょう。

退職意志を伝えるおすすめのタイミングと一言

上司も忙しいので、ある程度まとまった時間が取れるタイミングで退職意志を伝えるべきだという事を上の項目で説明させていただきました。

ではどのようなタイミングがおすすめなのか、一番いいのは仕事が始まる前か終わってからの時間です。

お互い仕事が終わっていれば上司もゆっくり時間も取りやすいでしょう。

仕事によってはフレックスタイム制で始業時間や就業時間にばらつきがある事もあるかと思います。

このような時も考慮してどんな場合でも間違いがない一言は「相談したいことがありますので、話が出来るお時間をどこかで取っていただけますか?」という提案をすれば、上司のタイミングに合わせられるので間違いがありません。

退職の意思を伝える時は退職理由と退職時期を明確にする

上司が時間を作ってくれて実際に退職の意思を伝えた時には「なんで退職するのか」「いつ頃退職する予定なのか」という事は確実に聞かれます。

なんで退職理由を聞くかと言うと、現在の会社の問題点を明確にすることが出来るかもしれないからです。

退職理由を話す時には「給料が安い」「人間関係が上手くいかない」など理由は明確に言っていいでしょう。

質問している上司も、ある程度のネガティブな理由は予想しているでしょう。

ここで注意しなければならないのは、感情的な話し方にならないようにしましょう。

どんなに上司に不満があったりしても、個人都合にしましょう。

転職が理由で会社を辞める場合、いつから次の転職先で働きだすのか決まっていると思いますので「いつまでに会社を退職したいです」という明確な時期を伝えましょう。

会社側も退職の際には、様々な事務的な手続きが必要になりますので、時間的な余裕があった方がいいです。

また退職時期に余裕があった方が、あなたのたまった有給消化が出来たり、余裕を持った引継ぎの作業が出来ますので、あなた自身も楽になるでしょう。

有給消化中に次の転職先への準備もできてメリットが大きいので、余裕を持った転職プランを考えましょう。

まとめ

今回の記事は仕事をしていても給料が安いと感じている方にとって、様々な側面から情報記事を書いてみました。

今働いている仕事に不満があって、転職したいと考えている人はたくさんいる事でしょう。

しかし、転職したからと言って今あなたが抱えている問題が全て解決できるものではありません。

収入が少ない業種をランキング形式で説明させていただきましたが、お金じゃなくても仕事にプライドを持たれている方にとっては、様々なスキルを学べる現場だと思います。

ここで重要なのは、今あなたがどのような事に悩んでいるのかという事を自分と向き合って明確化しておくべきでしょう。

仮に転職するにしても、職場が変わって労働条件が変わるという事は、あなたの生活や人生を大きく変える事になります。

何となくではなく、しっかりと考えて自分と向き合って、たくさんの情報を調べる事で、あなたの人生をより良い人生にしてください。

 

それでは今回の記事はここまでにさせて頂きます。

ここまで読んで頂いて、ありがとうございました。

ABOUT ME
terry09
テリー【Webマーケティングコンサルタント】 2つの仕事をしながら、3つ目のビジネスとしてブログの副業をスタート。 時間がない中でもブログのビジネスを学んでその情報を伝えています。 会社員として働いて副業で収入を上げたい人たちの目線でどんなことが出来るかをボク自身が経験した事実から情報提供しています。 ブログ記事ではWebマーケティングやブログノウハウや副業などの情報をメインにして情報提供しています。 あなたのスキルを活かしてビジネスを始めてみませんか?