情報発信

危機感がない人が危機感を持つとは|「ない」→「持つ」変化の意味

危機感がない人は危機感を持つ事が人生を変える最大の原動力になる

危機感がない人は危機感を持つ事が人生を変える最大の原動力になります。

あなたは人生に危機感を感じたことがありますか?

危機感を感じた時に、あなたはどのように行動しましたか?

「このままじゃヤバいなぁ~」って感じたぐらいで、改善するためにちょっとネットで調べただけで満足して結局何も変わっていなかったりしませんか?

結局は自分には出来ないもっともらしい理由を見つけて合理化して自分を納得させて終了になっていませんか?

正直、成人して社会に出てある程度時間のたった30代ごろになると、自分を変えるには大きな決意や覚悟が必要になってきます。

ひとつやふたつは「自分ならそんな選択はしない」という事すら実行していかなければならない場面も出てくると思うのです。

危機感を持つ事が人生を変える原動力となる事について記事を書いていこうと思いますので、よろしければ読んでみてください。

人生に危機感を感じた瞬間とはどんな時

多くの場合、人生に危機感を感じる時と言うのは今はいいけど現状を死ぬまで続けることが出来るか?って感じた時だと思います。

「30代で仕事をしないニート生活を送っていたり」「30代アルバイターで手取り6万円だけど実家暮らしだから生活はできている」と言う場合や

「会社員だけど1日労働時間が14時間で月給20万円」「会社員だけど年収300万円以下」など、このまま現状を続けていたら今は大丈夫かもしれませんが将来的に危機感を感じませんか?

親に依存して何とか生活が出来ている人にとっては、基本的には親の方が先に死んでしまうわけですから、すぐにでも自立した生活をしなければなりません。

後者の場合は、会社の将来的な不安を感じませんか?

1日の労働時間が14時間で月給20万円と言う場合は、この会社の経営者は健全だろうか、この会社にずっといてもいいのだろうかという不安です。

こんな生活をどれだけ続けることが出来るでしょうか?

また、30代で年収300万円は一般家庭の収入よりも少ない金額です。

でも一生懸命働いて多くのお金を稼ぐよりも、ゆとりのある時間が欲しいという方には問題ないかもしれません。

もしあなたが会社員として仕事をしていて「時間がない」「稼げない」の両方に問題がある場合は危機感を感じるべきでしょう。

あなたがもし人生を変えたいと思った時には、仕事以外の時間をどれだけ確保できるかという事と、自己投資などでどれだけお金をうまく投資することが出来るかが重要になってきます。

ボク自身、仕事をしていて「時間がない」「稼げない」を経験したので、それに気づいた瞬間に危機感を感じました。

危機感を覚えた瞬間に人生を変える為の行動がスタートする

危機感を覚えて今のままではいけない、自分の人生をより良くしていくために人生を変える必要があると思った時に、初めて自分を変える為の行動をスタートすることが出来ます。

なぜなら自分の人生に危機感を覚えなければ今の人生が安定しているという事なので「大変な労力を使ってまで無理して現状を変えなくてもいいや」って考えてしまいがちです。

この考え方は、最初は自分の人生を変える為に行動していても、途中で辛くなってきて諦めてしまうキッカケになるのです。

それでは、例えば収入が少ないことに悩んでいて、収入を増やす為に自分をを変えられる人がどう行動していくかを段階的にご説明していきます。

ステップ1 とりあえずネットで調べてみる

自分を変えようと思った時に、最初にすることはとりあえずパソコンやスマートフォンで問題解決の方法を調べます。

現代においては自分が何かに悩んだり困った時には、基本的にはネットで問題解決の方法を検索する事がクセになっていますので、様々な事を検索して情報収集するでしょう。

そして自分を変える為の努力をしようとしない人は、よくわからなくて問題を投げ出したり、いきなり自分を慰める為のポエムや名言を読んで気持ち良くなることで問題を忘れてしまい自分を変えることなく終わってしまいます。

ステップ2 ネットで調べた情報を実行してみる

次にネットで調べた情報を実行してみます。

例えば、収入が少ないことに問題点を感じて悩んでいる人なら稼ぐ系の情報を調べて、アフィリエイトやせどりを実践してみるという事です。

ここで上手く情報を集めて稼げた人は、ネットで調べた情報を実行するという事で自分を変える為の行動をしたという事なのでOKですよね。

しかし、そういう人も中にはいますが多くの人は稼げないと思います。

この理由は明確で、今のネット上には情報が氾濫しています。

たくさんの人の意見を聞くことで、何を信じればいいのか分からなくなってしまい、いろいろ自分なりに試行錯誤はしてみるのですが、結局は稼げなくてネットビジネスは稼げないという結論になってしまうのです。

ステップ3 コンサルティングを受けてみる

自分でネット調べて実行してみても稼げなかった場合、2つのパターンに分かれます。

「稼げないと諦めてしまう」パターンと「自分一人では稼げなかったけど、もししっかりとしたノウハウがあればこのビジネスで稼げるのではないか」と考えるパターンです。

諦めてしまっては結局は自分を変えられなくて終了という事になります。

そして後者の場合は、更にひとつの選択に迫られます。

有料のコンサルを受けるという選択が出来るかという事です。

コンサルを受けるというと、費用は高額だし騙されるのではないかという不安を感じてしまう事が多いでしょう。

しかしそのリスクをある程度回避する方法はあります。

それはあなたがコンサルを受けてみようと検討している人と、何度か直接連絡を取ってみて、信頼できるかどうかあなた自身で見極めましょう。

ステップ4 コンサルティングを受けてからの行動量

あなたがお金を支払ってでもコンサルティングを受講したとしても、どれだけあなた自身が行動できるかどうかが大きな問題になってきます。

ボクが調べた情報によると、有料の情報やコンサルを購入して中身を見るだけで、ほとんど実行しないという人が全体の3割ほどいるそうです。

高額なお金を支払ってコンサルティングを受講したとしても、あなた自身がその情報を基にして行動しなければ何も成果は出ないのです。

お金を支払って知った稼げるノウハウでも結局行動できなかった人は、どれだけ効果の高い情報を提供しても何も成果を出すことが出来ません。

ステップ1~4までを説明しましたが、最終的には自分を変える為にどれだけあなたが行動できるかという事になってきます。

あなたが自分を変えようと思ったら、とにかく行動です。

失敗することは当たり前で、場合によっては多少の無駄なお金を使ってしまう事も可能性に入れて行動する事を止めなければ、あなたの人生は少しずつ変わっていきます。

危機感を感じて自分を変える為に一生懸命になる事ことが出来れば、自分を変えるスタートが切れる事でしょう。

ボク自身が過去に危機感を感じた瞬間

ボク自身が過去に危機感を感じた瞬間についてお話をさせて頂きます。

正直、ここでのお話はボクの個人的な体験からの意見になりますので、興味を持っていただけたら読んでみてください。

残念ながらボク自身も順調なスタートを切れた人間ではありませんでした。

高校を卒業してから2年間浪人して3流大学に進学して、4年間で卒業するも新卒で就職した会社で約1年で精神的に病んでしまって休職し、後に退職する事になりました。

そこからは酒とギャンブルに狂った自暴自棄の生活を数年続けました。

客観的に見て親から見たらたまらなかったでしょうね。

2年間の浪人生活を経て大学に進学して就職したと思ったら、病気で退職して自暴自棄。

これまでボクを育てる為にかけた養育費を考えるとコスパはとても悪かったことでしょう。

親にはさんざん迷惑を掛けましたし、どうにか自分が変わらなければならないと思っていました。

最初にボクが危機感を感じたのはアルバイトですら仕事を満足にこなすことが出来ない自分に対してでした。

精神的な病気があったにしても、同級生は会社でバリバリに働いている時期です。

自分と同級生とのギャップに悩んだ時が、最初の危機感でした。

次に危機感を感じたのは、仕事に取り組む姿勢がボクが甘かったと痛感した瞬間でした。

ボクは夜の居酒屋の仕事を始めた時は、まざ精神的な病気が治って痛い時期でしたので、気持ちが落ち着かない時、たまに突然仕事を休んでしまう事がありました。

ボクの当時の価値観では、しんどいんだから休ませて欲しいと考えていたのですが、居酒屋経営者の意見は違いました。

ボクはある日、夜に呼び出されてコンコンと怒られ続けました。

その時にボクは、病気で苦しんでいるのに何でこんなに怒られなければならないのかと思っていましたが、経営者は「オレはこの16年間、インフルエンザ以外で体調を崩したことを理由に休んだことがない」という言葉でした。

16年居酒屋を個人で経営していれば、風邪やケガや高熱に悩まされる事もあったでしょうが、それでも体調不良を理由にして店を休んだことはない、と言われたのです。

ボクは仕事に対する覚悟が足りないと痛感しました。

それからボクもどれだけ体調不良になろうと、5年間は何が何でも仕事には出続けています。

風邪や高熱で困った時には病院に行って先生に今日だけ仕事が出来るだけ体調を回復させてくださいとお願いすると、点滴と投薬で普通の風邪ならしんどくても経ち続けることが出来ました。

しかしその当時、昼と夜とで仕事をしていましたが、どんなに仕事をしても収入が増えない事に不安を感じました。

その時のボクの月収は22,23万円ぐらいでした。

1ヶ月で230時間程働いてこの収入だと、今はまだ体力があるから良いかもしれないけど、年齢を重ねて将来的にはこの収入はヤバいだろうと思った時に、また危機感を感じました。

そう思った時にすぐに副業で稼ぐ為の行動を始めました。

最初に始めた事は転売ビジネスのチャレンジでした。

ネットで情報を集めて、その情報を基に自分で実践してみました。

しかし、1年続けましたが思ったような成果を出すことはできませんでした。

それは、様々なネット上の情報量の多さに翻弄されて何が正しくてどのようにしたらいいか理解できていなかったことが問題だったと理解する事になりました。

このままじゃダメだと思って転売ビジネスを辞めました。

その理由は、ボクの理想のビジネスモデルではなかった事です。

ボクの理想のビジネスは場所を選ばずに安定して稼げることが理想でした。

そうなった時に、転売ビジネスはある程度場所が固定されてしまいます。

しかしアフィリエイトやブログで情報発信することで自分の商品を販売することが出来れば、場所は関係なくビジネスをすることが出来る為に転売ビジネスからブログ情報発信でのビジネスにシフトチェンジしました。

そんな経緯から、ボクはブログを始めて稼ぐ事を始めました。

ボクはブログ情報発信でビジネスを始めるまでの過程で、精神的な病気になっていることに危機感を感じて、ビジネスに立ち向かう時の自分の甘さに危機感を感じてきました。

そして自分が間違っていたことに対してどのように修正するべきかを考えながら行動してきたつもりです。

あなたはどうでしょうか?

せめて今のあなたの価値観を変えるべきだと理解して、それに努力して継続することが出来れば、きっとあなた自身も成長することが出来るでしょう。

まとめ

安定した人生を過ごしている人にとって、自分に危機感を感じる事って少ない事だと思います。

しかし、ビジネスにしても人間関係にしても、あなたが何かうまくいかないと感じた時には、あなたが何か間違った選択をしてしまっているのです。

普段生きている時に、なにか上手くいかない事を感じる事が何度も続けば、もしかしたらその原因はあなた自身にあるのかもしれません。

そんな時には上手くいかない事に対してイライラするのではなく、ちょっと身を引いて自分が何か間違った選択をしてしまっているのではないかと危機感を持って見つめ直してみる事をおすすめします。

そして、危機感を持った問題点を解決した時にはどのような素晴らしい未来が持っているのかを想像してみましょう。

それが出来れば、きっと問題を解決してあなた自身が成長することが出来るはずです。

 

それでは今回の記事はここまでにさせて頂きます。

ここまで読んで頂いて、ありがとうございました。

ABOUT ME
terry09
テリー【Webマーケティングコンサルタント】 2つの仕事をしながら、3つ目のビジネスとしてブログの副業をスタート。 時間がない中でもブログのビジネスを学んでその情報を伝えています。 会社員として働いて副業で収入を上げたい人たちの目線でどんなことが出来るかをボク自身が経験した事実から情報提供しています。 ブログ記事ではWebマーケティングやブログノウハウや副業などの情報をメインにして情報提供しています。 あなたのスキルを活かしてビジネスを始めてみませんか?