情報発信

将来確実にAI技術は進歩するガチで仕事や生活に与える影響とは?

将来確実にAI技術は進歩するガチで仕事や生活に与える影響とは?

将来確実にAI技術は進歩する、日本の仕事や生活に与える影響とはどのようなものなのでしょうか?

AI技術、人工知能は実に様々な分野で活用され、もはや人工知能なしでは物事が成り立たない時代を迎えています。例えば、iPhoneに欠かすことができないSiriは、機械学習を行っていくことで精度を高め、人間が求める答えに少しでも近づこうとしています。将棋ソフトの開発でもAIは活躍し、並み居るプロですら太刀打ちできない状況へ進化を遂げました。

人間が想像もつかない世界に簡単に足を踏み入れ、人間の考えることを予測し、先回りしてアシストを行う、それがAIに求められていることです。裏を返せば、人間が今まで活躍していた場を奪い、AIに取って代わられる時代を迎えようとしています。

AIに利用されるだけではジリ貧、それならばAIを積極的に活用する側に回るしかありません。ただ、どう活用すればいいかが分からない、それが大きな課題です。今、AIに何が求められているのか、仕事や産業にどのような影響を与えるのか、詳しく解説します。

AI技術とはどのような技術なのか

AI技術とはどのような技術なのでしょうか?

さも人間が考えそうなことを、コンピューターを使って再現させること、それがAI技術(人工知能)です。いまだに人工知能とロボットを混同する人がいますが、ロボットは命令を出せばその通りに動きますが、それ以上のことはしません。人工知能は人間と同じように記憶ができ、自分で考えられます。

これまでの人工知能は、人間が途中までエスコートし、そこから先は人工知能が自力で考えるというやり方が採られていました。ところが、現代の人工知能は、ある1つの命令だけをインプットし、何億回何十億回と試行を重ねていくというスタイルになっています。

例えば、ブロック崩しがあるとすれば、1点でも多く点を取る事を命令として出します。やり方は一切教えないため、最初は一切点数が取れませんが、自分で動かすようになり、段々と点数の取り方を知り、機械学習を進めていきます。

人間がエスコートする分、人間の常識に囚われていた部分があった、これまでの人工知能。それが人間では考えもつかない方法で劇的な成果を導くようになっています。

最新のAI技術(人工知能)はどのような現場で活用しているのか

最新のAI技術(人工知能)はどのような現場で活用しているのでしょうか?

ディープラーニング、機械学習がメインとなった現代のAI技術(人工知能)。医療の現場では、小さなガンなどを見つけ出してそれを医師に伝える人工知能が活躍しています。数多くの症例を見ていく中で傾向をつかみ、高い確率で症状を特定し、医師に伝えます。

産業の世界では、物をつかんで組み立てる作業において、ロボットが正確に部品をつかむ際に、人工知能が活用されています。成功例と失敗例を分析し、何千回と試行していく中で、わずか1日で成功率を9割以上に高めます。人手不足で困っている産業も、人工知能を活用することでいくらでもカバーでき、パフォーマンスを高められます。

NTTドコモが展開するAIタクシー、携帯電話のこれまでの使用状況や周辺のデータ、タクシーの運行データを組み合わせ、乗客の需要を予測するサービスを展開しています。運転手の勘に任されていたものが、新人の運転手でも簡単に乗客を拾えるようになりました。効率化が進むほか、初めて訪れた場所で難なくお客さんをゲットできるなど、プラスが大きいです。

このように、AIは身近な部分で使われる一方、人間の職人技や勘といった、具現化しにくいものを再現させていくため、人間からAIに取って代わられる産業が今後多く出てくると危惧されています。

5GやAI技術の時代になってどのように時代が変わっていくのか

5GやAI技術の時代になってどのように時代が変わっていくのでしょうか?

5Gは第5世代移動通信システムと呼ばれ、通信速度が格段に向上するとされています。4Gが主流の今、それで十分という方も多いはず。例えば、4Gを使ってダウンロードをする際、100秒かかったものが、5Gではわずか1秒、100倍以上速くなるそうです。それがAIになんの影響を与えるのか、すぐには分からないかもしれません。

たくさんのデータを一瞬でやり取りできるため、遅延がほとんどないのが5Gの魅力です。遅延がないということは、リアルタイムでやり取りできるので、人間が動かせば、リアルタイムでその通りに動くようになります。

例えば、辺境の地にある田畑を機械で耕す際、何時間もかけてそこに行かなくても機械さえあれば東京など都市部でコントロールが可能に。急に子供が飛び出してきたという場面も遅延がない分、そこに人が乗っているかのように回避行動がとれます。

現地に行かなくても現地で作業ができ、突発的な事象があってもそこにいるかのように対応できる、4Gでは難しいことを、5Gならやってのけます。多くの産業に広まれば、過度に人がいらず、人口が減る日本社会を少しでもカバーしうる存在になっていくことでしょう。

AI技術(人工知能)の進歩でどのような未来になっていくのか

AI技術(人工知能)の進歩でどのような未来になっていくのでしょうか?

人工知能さえあれば、人がいなくてもほとんどの作業は回ります。特に自動車などを組み立てる仕事など、これまで人の手で行い、「カイゼン」で何とかしてきた分野は人工知能の登場で一瞬に取って代わられます。本格的にそれをやれば、働き手が一気に失われるため、起業は大々的に実行に移せません。しかし、可能であれば1日でも早く実行に移したいでしょう。

間違いなく単純作業はAIに取って代わられます。文章作成や情報発信などはまだAIでも厳しいとされていますが、そこさえ解明すれば、新聞や雑誌、小説などもAIが作る、そんな時代を迎えるかもしれません。

なんだかんだいって、人間にしかできない仕事はあるんだ、そう強弁できるのはごく一部の人間だけ。あなたは、その一部の人間なのでしょうか?ジワジワと人工知能が人間のフィールドに侵食していく中、無抵抗を貫くのでしょうか?

無抵抗を貫くなら、人工知能を有効に活用する側に回ればいいだけのことです。では、人工知能でどのように活用すればいいのか、そこさえ思いつけばあなたにも十分チャンスはあります。

まとめ

AI技術(人工知能)は加速度的に発展を遂げています。年単位ではなく月単位、下手をすれば週単位で人工知能は劇的な進化を遂げ、1日さえあればかなり正確な成功率になるものもあります。

競馬の予想などにも人工知能は用いられ、結果を出すケースが出るなど、眉唾物とされた予想ソフトが大いに見直されています。将棋アプリ「将棋ウォーズ」を開発するHEROZは、SMBC日興証券株式会社と手を組み、株式の売却タイミングなどを教えるサービスを提供しています。これにもAI、人工知能が大きく関与しています。HEROZでは、将棋ソフト「PONANZA」を開発し、将棋ソフトの世界のみならず、将棋界に激震を与えてきました。人間がたどり着かない世界に、人工知能を使ってたどり着く、それが現実味を帯びています。

副業を行うにしても、人工知能の活用はもはや必須です。人間の勘、技術だけではもう太刀打ちできません。せっかく積み重ねた技術も人工知能がわずか1日で追い抜く、冗談でも何でもなくそのようなことが現実になっています。人工知能と対峙するのではなく、人工知能を活用し、アイデアを発展させる。これが今、我々に求められています。それを見つけ出した人が本業のみならず副業で大成功しており、いかに時代の波をつかむか、そして、個人で稼ぐ技術を身に付けられるのか。

夢物語とされてきたものが人工知能の活用で現実になる、そんなところから、副業で成功するヒントは隠されているものです。

ABOUT ME
terry09
テリー【Webマーケティングコンサルタント】 2つの仕事をしながら、3つ目のビジネスとしてブログの副業をスタート。 時間がない中でもブログのビジネスを学んでその情報を伝えています。 会社員として働いて副業で収入を上げたい人たちの目線でどんなことが出来るかをボク自身が経験した事実から情報提供しています。 ブログ記事ではWebマーケティングやブログノウハウや副業などの情報をメインにして情報提供しています。 あなたのスキルを活かしてビジネスを始めてみませんか?