情報発信

人生を飛躍的に向上させるには失敗して悔しい気持ちを乗り越える

人生を飛躍的に向上させるには失敗して悔しい気持ちを乗り越える

人生を飛躍的に向上させるには失敗して悔しい気持ちを乗り越える事の繰り返していかなければなりません。

生まれた時から亡くなるまで最後まで順風満帆、ネガティブな気持ち、感情を抱かず、ハッピーに過ごせるのが一番いいですが、まずそんな人はいません。

必ず人間は失敗をし、悔しい気持ち、今に見ていろ!と歯を食いしばって耐えに耐えて花を開くケースもあります。

人生をバネに例えると分かりやすく、失敗はバネに力を入れる行為で、うまく力を入れればバネは遠くまで飛ぼうとしますが、下手に入れると単に、ぐにゃりと曲がるだけ。

失敗して悔しいという気持ちは誰もが抱く一方、それを飛躍につなげるには、悔しい気持ちだけで終わらせず、悔しい気持ちを乗り越えることが求められます。

涙を流して終わりではなく、悔しい気持ちを細かく分解して、検証を行っていくことで、人生を劇的にいい方向へ導くことになります。

まず悔しいという言葉、言い換えや英語韓国語類義語など意味を解説

そもそも悔しいとはどのような言葉の意味があるのか、悔しいの言い換えからまずは見ていきます。

最もふさわしい言い換えとして、堪らないがあります。意味合いとして感情を抑えきれない場合に用いられ、うれしい時と腹立たしい時に使われます。

なぜ堪らないを採用したか、それは英語や韓国語における悔しいの意味と合わせたためです。ちなみに類義語で見ると、残念、無念、申し訳ないなどが出てきます。

英語で悔しいを示す単語は、regretful、リグレットフルです。残念そう、悔やんで、などが主な意味ですが、悔しいという言葉を英語で探すのは結構大変です。

人によっては怒りを示すangry、アングリー、不満があるという意味のfrustrated、フラストレイティドも悔しいという意味合いで用います。

韓国語で悔しいという単語は主に3つあり、1つ目はオグラダです。悔しい、無念などの意味があり、自分の失敗にはあまり使わず、別の人が失敗した際に発せられます。

なかなか思い通りにいかない場合に使われるのがブンハダです。強く悔しいと思う時に用いられ、勝ち負けが絡んでいる際によく出てきます。

最後にブロプタは、若干嫉妬が入った悔しさを示したいときに使います。怒りがかなり強い感じではなく、軽く悔しがる時に使われることが多いです。

抑えきれないほど、結果に対する腹立たしさがこみあげてくる状態、これが悔しいの本来の意味なのかもしれません。

あなたの夢をかなえる為には悔しい思いをする意味

あなたの夢をかなえる為には悔しい思いをしていかなければなりません。

人はなぜ悔しい思いをするのか、それは、ベストを出さずに失敗してしまったというのがあるからです。

負けて悔いがないという状況は、その人にとってのベストを出した上で、これ以上はやりようがなかったと感じているから、負けても悔いがないわけです。

悔しくて悔しくて仕方がないと感じる場面は、明らかにベストのやり方があったのにそれを選べなかった、適当にやっていたなど、自らの判断が間違っていたと感じた際に見られます。

複数の選択肢があり、大して腹もくくらずにチョイスし、それが間違っていると、ボクは何をやっているんだ!と自分に対する怒りが湧き出て、悔しい気持ちにつながります。

二度と同じ経験はしたくない、そのためにベストを尽くさなければならない、悔しさからおのずとそのあたりのことを考えるようになります。

壁を乗り越えるために、ベストなやり方を模索し、二度と同じ過ちはしない、そのために分析も行います。再び間違いをすれば、再発防止に向けた対策を立てるでしょう。

なんとか三歩進んで。悔しい気持ちを抱いて二歩下がる。これを何度も繰り返していくことで、高くて厚い壁をいつの間にか乗り越えていた、これが理想形です。

悔しい時の対処法、過去の偉人の名言を読んだり自分を表現すると効果的です

悔しい思いをした時にはどのように対処したらいいのでしょうか?

過去の偉人の名言を読んだり自分を表現すると効果的です。

悔しい気持ちを乗り越える先にあなたの目指す夢がある、そう考えると、悔しい気持ちを抱くこと自体が決してネガティブなことではないことがわかります。

しかし、強く悔しいと感じている場面では、後先を考えられず、怒りの感情も交じりつつ、やり場のない感情をどこかにぶつけたくなるものです。

そんな時にオススメなのが、自分が経験したことと同じような場面を体験した偉人の話を参考にすることです。

例えばエジソンは、電球を発明するまでに1000回も失敗をしたと言われています。悔しい以前に、よくそこまで失敗できたものです。

ただ、エジソンは1000回失敗したとは考えていませんでした。1000のステップを経て完成したと考えていました。

自分の失敗は本当に失敗だったのか、成功に向けて、夢をかなえるためのステップだったのではないか、そう考えられれば、悔しくて堪らない気持ちは少しはまぎれるはずです。

偉人の名言には、不遇の体験をした時の対処法やそれを乗り越えるためのヒントが、その偉人なりの表現、思い、感情を交えて登場します。

多くの偉人は、あなたは向いていないと、全否定された経験を持ちます。しかし、それでも諦めず、自分を信じた結果、誰にも文句を言わせない圧倒的な結果を叩き出すのです。

もう1つ、悔しさを紛らわす対処法として、何も考えず、やりたいことをやってマイナスの感情を吐き出すというやり方があります。

バッティングセンターでガムシャラにバットを振り続ける、カラオケボックスに入り、感情を思いきりぶつけるようにがなり立てる、回転寿司のお店に入り、限界まで寿司を食べ続ける、なんでもいいでしょう。

これらの共通点は、何の計算もなく、無心で気が済むまで何かをし続けるという部分です。攻撃的な衝動は相当なエネルギーを使い、邪念や雑念はどこかへ飛んでいきます。

勝ち負けがつかないものが望ましく、勝ち負けがつくものだとさらに悔しさが上乗せされて、より衝動が激しくなるので逆効果になる恐れがあります。

将棋の棋士の中には、対局に負けたら雨が降っていようとも、自宅までの長い距離を歩いて帰るという人がいます。熱い気持ちをクールダウンさせ、自分を顧みる時間になるんだとか。

体力が有り余っているからこそ、色々と邪念や雑念が生じますが、ヘトヘトになるまで何かをこなせば、あとは横になるだけ。そうすれば翌日から気持ちを新たに取り組めるわけです。

これらの行為を逃げと断じる方もいます。お酒など暴飲暴食に走る人もおり、確かにその指摘は完全に間違いとは言い切れない部分もあるでしょう。

しかしながら、悔しい気持ちは引きずっても何1ついいことはなく、どこかで切り替えるべきものです。それがたまたまお酒だったということで、決して逃げではありません。

悔しい気持ちが生じれば、冷静な考えができるまでとことん何かをやり続ける、それだけで悔しさは紛れますし、生じた結果に対する反省に正面から向き合えるはずです。

まとめ

飛躍には、飛ぶ、躍動するという字が使われます。飛ぶにはパワーがいりますし、躍動するにもエネルギーが欠かせません。

悔しさがあることで、パワーもエネルギーも充填され、ホップステップジャンプと発展し続けられるわけです。

ただ、何事も過ぎれば毒であるように、悔し過ぎる状況は、時に自分の身を傷つけることにつながります。

そうならないために、好きなことに打ち込む、偉人の言葉に背中を押されるようになれれば、ガス抜きできるはずです。

エジソンの考えを当てはめるなら、1つの悔しさは夢に向けた1つのステップ。その感情を大切に扱い、行動につなげることが求められます。

 

それでは今回の記事はここまでにさせて頂きます。

ここまで読んで頂いて、ありがとうございました。

ABOUT ME
terry09
テリー【Webマーケティングコンサルタント】 2つの仕事をしながら、3つ目のビジネスとしてブログの副業をスタート。 時間がない中でもブログのビジネスを学んでその情報を伝えています。 会社員として働いて副業で収入を上げたい人たちの目線でどんなことが出来るかをボク自身が経験した事実から情報提供しています。 ブログ記事ではWebマーケティングやブログノウハウや副業などの情報をメインにして情報提供しています。 あなたのスキルを活かしてビジネスを始めてみませんか?