Webマーケティング

Webマーケティングとは?|初心者でも簡単に分かる基礎知識

これからネットビジネスを始めたいと思っている方はWebマーケティングというキーワードを聞いたことがあると思います。

でもマーケティングなんていう言葉を聞くとなんだかハードル高そうで理解するのが難しいと考えていませんか?

でも単純に物が売れる仕組みが分かっていれば理解する事は簡単です。

そこで初心者でも簡単に理解できるように解説しますが、絶対に知っておくべき重要な情報もありますので参考にしてみてください。

Webマーケティングとは?

そもそもWebマーケティングとは何なのか?

それは一言でいえば、インターネット上で商品を販売するスキルを身に付ける事です。

現代ではインターネットを使って様々な方法でたくさんの商品が販売されています。

あなたは今までインターネットを使って商品を購入した経験がありますか?

多分、今までネットを使って商品を購入したことがない人はかなり少数じゃないでしょうか。

それぐらいインターネットを使って商品を購入する事は当たり前になってきています。

つまりネットを使って商品を販売する能力があれば、どんな商品だってネットを使って販売する事が出来ます。

「じゃあどうしたら販売できるのか?」

これを知ることがWebマーケティングの根本的な考え方です。

Webマーケティングの基礎

これからWebマーケティングを勉強してビジネスをしたいと考えている人が絶対に知っておくべき事があります。

それはなぜネットで商品が売れるのかという仕組みです。

これが理解できていなければWebマーケティングのノウハウをどれだけ詰め込んだとしても商品を売る事はできないでしょう。

そこでネットビジネスで商品が売れていく基本的な仕組みについて紹介していきます。

ネット上で人を集める

ネット上で商品を販売したいなら、ネット上で人を集めなければいけません。

なぜなら人がいない所で商品を並べて一生懸命宣伝して販売しようとしても売ることが出来ないからです。

0×100=0という方程式が表しているように、誰もいない所では何も商品を販売する事はできません。

Webマーケティングでまずやらなければいけない事はインターネットを使って情報発信をして関心がある人を集める事です。

ただしWebマーケティングにおいて、ネット上で人を集めるという事は本当に大変な事です。

何ならこの人の集め方について情報提供してネットビジネスをしている人がいるくらいですから。

ネット上で人を集める方法の紹介は、もう少し下で紹介していきます。

まずはこの項目で理解してもらいたいのは、Webマーケティングで収益化したいのならネットを使ってたくさんの人を集める必要性があるという事。

ここだけは理解しておいてください。

関心がある人を集める

インターネット上で人を集めることができたら、その中からあなたの情報・サービスに関心がある人を集めましょう。

ネットで商品を販売しようとすると、必ずといえるほど似たような商品を取り扱ったライバルがいます。

ライバルと同じ商品とサービス内容なら後からスタートしたあなたは勝つことが難しくなります。

なぜならライバルはあなたよりも先に多くの人から認知されてお客さんを捕まえているからです。

でもサービス内容や商品のクオリティや価格など、ライバルと内容を差別化する事で別のニーズを持った人たちに対して商品販売する事が出来ます。

例えばAmazonと楽天市場を見てみましょう。

Amazonと楽天市場は同じようにネットショッピングができるサイトです。

でもサービスの大きな違いは「スピードのAmazon」「ポイントバックの楽天市場」だと感じませんか?

そうなればAmazon派と楽天市場派というようにサービス内容の差によって支持する人たちが違ってきます。

このように大手企業でも似たようなサービスを提供していますが、ライバルと差別化をして安定した収益化を目指しています。

このように似たようなビジネスでもサービス内容に差があれば、一定の人に関心を持ってもらえます。

ネットビジネスをするなら、これからあなたが始めたいネットビジネスのライバル情報を調べてどのような差別化が出来るかを考えてみてください。

ライバルチェックをして他にはないサービス提供は、Webマーケティングではとても大事な事です。

関心がある人に商品を販売する

あなたの情報や商品に関心を持った人を集めることが出来たら、そのような人たちに対して商品をおすすめして販売していきます。

あなたは今まで興味を持った情報を知りたくてメールアドレスを登録したり、実際に商品を購入した時にメールアドレスや住所などの個人情報を提供した事はありませんか?

ボク自身も日常生活の中で何度も経験した事があります。

じゃあなぜこのような情報を販売する人たちが欲しがるのでしょうか?

それは少なくとも販売している商品に少なからず関心がある人がメールアドレスを登録してでもお得な情報を欲しいと思っている人だとわかるからです。

また過去に商品を買ってくれた人は、繰り返し商品を買ってくれるかもしれません。

つまり、メールアドレスなどの先にある人は商品を購入してくれる可能性が高いホットなお客さんだという事が分かりますよね?

商品を購入してくれる可能性が高い顧客情報(リスト)を集めて商品をおすすめして販売していくマーケティング手法をリストマーケティングと言います。

リストマーケティングは現代のWebマーケティングの主流となっているやり方で、今後も色あせる事のないマーケティング手法だと言えます。

なぜなら顧客情報を集めて商品をおすすめして販売していく方法は100年以上前から実践されているやり方だから。

これからWebマーケティングを学ぶのなら、まずはリストマーケティングのやり方について勉強する事をおすすめします。

Webマーケティングで効果的な方法

Webマーケティングで効果的な方法は、前の章で説明したリストマーケティングを使った方法が効果的です。

じゃあどうしたらリストマーケティングができるの?

ってなりますよね。

そこで、一般的なリストマーケティングのやり方について簡単に解説していきます。

インターネット集客のやり方

インターネットで集客するには、まずはネット上でたくさんの人にあなたの情報に触れてもらう事が重要です。

誰もあなたの情報を知らなければ、人は集まりません。

そこで重要なのが情報発信です。

ブログやSNSを使って、インターネット上で情報発信して多くの人にあなたの情報を届けましょう。

ここで重要なのが、あなた目線で適当な情報発信をしない事。

あなたにとっては価値があると思っている情報でも、他の人には価値がない情報だってあります。

だからあなたの商品を買ってもらえそうな人が、どんな事で悩んでいるのかをリサーチしましょう。

そしてそのような人たちの悩みを解決してあげられるような情報発信していきましょう。

商品に関心がある人の集め方

あなたが情報発信をしてネット上でうまく集客出来たら、あなたの情報に関心を持った人を集める必要があります。

つまり、類似商品サービスを提供しているライバルじゃなくてあなたを選んでくれた人を選別する必要があるわけです。

じゃあどのように選別したらいいの?ってなりますよね。

それは何かしらのサービスに登録してもらう方法が一般的なやり方です。

Webマーケティングで一般的な登録と言えばメルマガ登録です。

「メルマガ登録してくれた方に特別な情報得点をプレゼント!」

一見すると胡散臭そうに感じるかもしれません

でもWebマーケティングをやっている人の目線からするとよく見る効果的な方法です。

このような登録フォームには必ずメールアドレスを登録するフォームがあります。

最近ではきっとメールアドレスを登録したらたくさん営業メールが届いて面倒臭そうだなって感じながらも、本当に価値があるかもと思った人はメルアド登録してしまう人も少なくありません。

商品に関心がある人に商品をおすすめする方法

商品に関心がある人を集めて商品をおすすめする時、多くの場合でメールを使った方法で商品をおすすめしています。

メールアドレスを知ることが出来れば、1つのメールを一斉送信して商品に関心があるたくさんの人に商品をおすすめする事が出来るからです。

あなたが過去にメールアドレスを登録してダイレクトメールを受け取った経験があるのなら、一度その内容を見てみてください。

誰にも当たり障りないような文章構成になっていると思います。

それは一斉送信する事が前提になっていて、誰が読んでも不自然じゃないような文章構成にしているからです。

Webマーケティングで最も重要な計算式

Webマーケティングを成功させるためには、いくらの商品をどれくらい販売できるかを見込んでおく必要があります。

つまりはどれくらいの人を集めたら、どれくらいの人が自分の情報に興味を持ってくれて、実際に商品を購入してくれるのかという事です。

これを簡単に計算式で表すとこうなります。

「どれくらいの人」×「その中で情報に興味を持ってくれた人のパーセント」×「実際に商品を購入してくれた人の数」×「商品単価」=売上

この計算式を具体的に説明するとこんな感じです。

「ブログで情報発信をしたら毎月10,000アクセスが集まった」(アクセス数)

「その中の1%がメルマガ登録などをしてくれた」(登録数)

「メルマガ登録してくれた人の10%が実際に商品を購入してくれた」(販売率)

「商品単価はいくら?」(説明しやすくするために、仮に10万円とする。)

これを計算式に当てはめてみましょう。

10,000(アクセス数)×0.01(登録数)×0.1(販売率)×100,000(商品単価)=1,000,000(売上)という計算式になります。

Webマーケティングではこの計算式がとても重要になってきます。

そしてこの計算式を基にして、問題点の改善方法を考えます。

アクセス数・登録数・販売率のどれを伸ばすべきなのかを分析し改善する事で売上を伸ばすことができるからです。

これはWebマーケティングで最重要の計算式だと言っても過言ではありません。

じゃあ集客方法などをどう改善していったらいいのかを考えていく事が具体的なWebマーケティングのやり方です。

この記事ではWebマーケティングについて簡単に解説するページなので、具体的な方法は別の記事で紹介していきます。

まとめ:メジャーなWebマーケティングの手法から理解しよう

Webマーケティングについてザックリ簡単に解説してみました。

Webマーケティングでとても重要な事は、まずはネット上で情報発信して人を集める事、情報に興味を持った人を集める事、集まった人に商品をすすめる事。

つまりはこういう事ですね。

①ネットで情報発信してアクセスが0なら売上0円。

②どれだけたくさんのアクセスを集めても商品に関心を持ってくれる人が0なら売上0円。

③どれだけたくさんの人が商品に関心を持ってくれたとしても購入してくれる人が0なら売上0円。

この3つの方法をどのように伸ばしていくかを具体的に考えていく事がWebマーケティングの中級編以上になっていきます。

そしてこれからWebマーケティングを勉強していくのなら、リストマーケティングについて勉強していく事を強くおすすめします。

リストマーケティングは100年以上前から実践されているマーケティング手法で、現代のWebマーケティングでも実践されている手法だから。

ボク自身も取り入れているやり方で、たくさん稼いでいる有名ブロガーさんなども実践しているやり方です。

特にアクセス数(集客)の部分は初心者の誰もが壁になる分野です。

効果的な集客方法を教えるプロがいるほどで、どうしたらネットでたくさん集客できるのかはしっかりと勉強してから実践していきましょう。