情報発信

脱サラネットビジネス起業とは|飲食店より資金少なく成功出来る業種

サラリーマンが脱サラして新しいビジネスを始めるという話はよく聞く話です。

しかし、その場合には脱サラした事でどのようなリスクがあるのかという事を事前にしっかりと調べて予測しておく必要があります。

これはどういうことかと言うと、ビジネスにおいて様々な場面であなた自身が行動する事と言うのは絶対に必要な事なのですが、自分が行動した時にどのようなメリットがあって、どんなデメリットがあるのかを予測します。

もちろんこの時にデメリットよりもメリットの方が大きければ行動するべきなのですが、あなたの人生を大きく変えるような決断をする時には、デメリットの見方に関しては少し深く掘り下げるべきでしょう。

あなたが脱サラした時のデメリットはどのような事を調べていますか?

収入に関する事はもちろん、サラリーマンとして仕事をしている事で当たり前のように与えられている社会的保障、また更にはあなたが想像もしていなかったような不測の事態についてもある程度準備をしておくべきでしょう。

もしあなたが脱サラしようと思っていたら、それは人生の大きな分岐点になる可能性がありますので、しっかりと情報収集してリスク回避をしていきましょう。

サラリーマンが脱サラして起業!失敗して後悔しない為のおすすめ情報

サラリーマンが脱サラして起業した時に失敗して後悔しない為のおすすめな情報を解説していきます。

情報発信の副業を始めたばかり、もしくはこれから始めようというあなたは脱サラして起業しようと考えたことはありますか?
脱サラして起業すれば自由に時間を使えるようになり、収入の上限もなくなるのであなたの努力次第では、サラリーマン時代の何倍も稼げる可能性があります。

しかし、ただサラリーマンを続けたくないという理由だけで、脱サラしてビジネスを始めるというのは無謀な行為です。
稼げないだけでなく、社会的な保証や立場も失ってしまって、人生が大きく変わってしまうことも考えられます。

今回は脱サラして失敗する人の特徴や脱サラのデメリットを中心に、あなたが脱サラを慎重に決断できるよう解説していきます。

脱サラして失敗して後悔する人たちの特徴とは

脱サラして失敗して後悔する人たちの特徴について解説します。

脱サラをして失敗してしまう人たちは、次の3つの特徴に当てはまるケースが多いです。

・好き嫌いを基準にしてしまう
・サラリーマン時代と似たような働き方
・初期費用をかけすぎてしまう

脱サラして始めた事業を失敗してしまうには、必ず失敗の元となる原因があります。
なぜ失敗してしまうのか、1つずつ解説していきます。

好き嫌いを基準にしてしまう

脱サラして自分で事業を始めようという人は、少なからずサラリーマンとして働くよりも、個人で自由に働く方が好きだという感情はあるでしょう。

しかし、サラリーマンとして働くのが嫌い、個人で自由に働くのが好きという考えが、最優先になってしまうと脱サラに失敗しやすくなってしまいます。
個人としてビジネスをしていくことは、とてもリスクがある決断です。

綿密な計画と準備のもとに実行に移さなければなりませんが、仕事への好き嫌いが最優先になってしまうと、脱サラするタイミングが適切でなかったり、個人として働き始めてもやりたくない仕事を避けてしまったりと、事業に対する準備や事業で稼いでいく上でマイナス面が大きくなってしまいます。

脱サラしても生活していけるだけの資金は確保できているのか、これから始めようとしている事業はヒイキ目なしに稼げる仕事なのか、具体的な集客方法などのプランは用意できているのか、あらゆる点で自分に厳しく十分な検討が必要です。

サラリーマン時代と似たような働き方

サラリーマン時代と似たような働き方をイメージしていると失敗のもとになります。

なぜならサラリーマンとしての働き方と個人で稼ぐ方法と言うのは、考え方が全然違うからです。

サラリーマンには安定や保証があります。

どういうことかと言うと、もしあなたが体調不良で会社を休んでしまった時に、有給休暇を申請するでしょう。

あなたが大きな病気やケガをしなければ、いきなりあなたの月々の収入が大きく変わってしまう事はありません。

基本的には毎週2日間の休日が貰えて、その時間は仕事の事は一時的に忘れて遊んだり体を休めたりすることが出来ます。

しかし脱サラして個人で稼ぐという事は、あなた自身が病気やケガで1日でもビジネスから離れてしまうと、その分月々の収入に違いが出てきてしまいます。

またボク自身の体験談として、個人で稼ぐ為にはビジネスを忘れて休める時間というのはありえません。

特にまだ稼げていない時期だと本当に一生懸命になって、どうにかビジネスを軌道に乗せなければならないので、短くても1年間は休日はない物だと覚悟して行動するべきでしょう。

というかどうしたら成果が出るのかを必死になって考えているので、基本的に休みたくても休むことが出来ないと思います。

食事の時、お風呂に入っている時、トイレに入っている時など、少しでも空いた時間が出来ると頭の中では常にビジネスの事を考えてしまっています。

ボクもサラリーマンを経験しましたが、サラリーマン時代にはない感覚だと思います。

このような事から、あなたがビジネスを始めた時にまず最初にするべきは個人で稼ぐ為の基盤を作る事、そしてそのビジネスを他人や機能に任せるなどして、あなたがあまり関与しなくてもビジネスで稼ぎ続けられるシステムを作り出す事です。

そうすることで徐々にあなたの体に自由が出来て、時間と収入に自由があるサラリーマンではできなかった稼ぎ方が出来るようになります。

初期費用をかけすぎてしまう

脱サラして新しく事業を始める時は、やる気に満ち溢れているはずです。
しかし、そのやる気に身を任せていると、事業に対する初期投資も規模の大きいものになってしまいます。

事業を始めた当初は稼げる補償などどこにもありません。

結果が出なければ、大幅なビジネスの方向性を軌道修正しなければならない事もあります。

特に初心者の時は、ビジネスの方向性が合っているかどうかの判断が付いていない可能性も高いので、いきなり大きな初期投資をしてしまうのはリスクが高いと言えるでしょう。

初めのうちは必要最低限の投資に抑えておいて、得た利益が自分の手元に残せるようにしておきましょう。

リスクを抑えて少しずつ収入を増やしていって、それからでも大きな投資をするのは遅くはありません。

脱サラした時に失敗して後悔しない為に必要な準備4選

脱サラして何をするのかどんな仕事がしたいのかを考えて準備をすることはとても重要です。

脱サラをするには次に自分でどんな仕事がしたいのか、じっくり考えた上で準備することが大切です。

脱サラしてからはあなたの考えや方針が全てになります。
そのビジネスで稼げるという根拠が明確でなければ、まずはその点から検討していくという慎重さが必要です。

どのような仕事がしたいのか考えていく上で、おすすめの方法は次の4つです。

・最初は本やネットで始めたいビジネスの情報収集

・お試しとして副業でビジネスを始めて実績を出す

・起業セミナーや独立・開業セミナーに参加して詳しい情報と人脈を作る

・現実的に脱サラを検討してみる

最初は本やネットで始めたいビジネスの情報収集

あなたに本業があって副業でビジネスを始めたいと思った時に、ある程度稼げる副業ビジネスは限られてくるでしょう。

ズバリ言うとアルバイト以外ならネットビジネスか株式投資や不動産投資など、システムを作り出してしまえばあなた自身が働かなくてもある程度稼げるビジネスを始める事を検討している事でしょう。

ネットビジネスや株式投資などのビジネスの概要は、本屋さんに行くと紹介本としてたくさん本が出版されていますので、参考にしてみると良いでしょう。

しかし基本的に本から仕入れられる情報と言うのは、表面的な情報しか載っていない事を理解しておきましょう。

なぜなら出版社が本を出す時には、本を読んだ読者すべてが参考になるような情報しか提供しないからです。

出版社は出版する本の内容を事前にチェックし、誰もが納得できる情報が本に書いてあると確認してから情報提供の本を出版するので当たり障りのない情報しか流れない事が多いです。

なので、これから始めたいビジネスのパンフレット程度の情報が掲載されているのだと思っておいた方が大きな間違いがないでしょう。

情報は浅い内容が多いでしょうが、初心者がこれから始めたいビジネスの全体を理解する為には効果的な方法だと思います。

この時におすすめする本は「簡単」「基本」「初心者向け」などのキーワードがタイトルに入った本がおすすめ!

このようなキーワードが入った本は初心者向けに分かりやすく書かれている本が多いので、まだ何もわからなくて情報を集めたい時にはおすすめです。

まずは副業から始めてみる

いきなり実績のないところから、新しいビジネスで結果を出すのはとても難しいものです。
いきなり自分で新しいビジネスを本業として始めるのではなく、まずは副業としてそのビジネスに取り組んでみましょう。

副業として取り組んでいても最初のうちは、なかなか稼げずに苦労するはずです。

なぜなら多くの人は初期投資を控えたくて、有料の情報を購入するよりも無料のネットやYouTubeから情報をかき集めようとするからです。

これらの情報を参考にしてビジネスを始めた場合、多くの人は想像したように稼ぐ事はできないでしょう。

ここで重要なのは、参考にした情報発信者が言っていることが間違っているかと言うと、ほとんどの場合そうではありません、なぜなら情報発信者がデマを流したら信頼が失われて、情報発信者の情報コンテンツに価値がなくなってしまうからです。

情報発信ビジネスをしている人がネット上で信頼を失ってしまうという事は、大赤字または廃業せざるを得ない事を意味します。

このような大きなリスクがあるので、基本的に健全な情報発信者は嘘の情報を発信しません。

では正確な情報を発信しているのに、その情報を参考にしてなぜ稼ぐ事が難しいかと言うと、人によって稼ぐ為のアプローチの仕方が違うからです。

ある人は「Aのノウハウ」を実行したら稼げると言います、しかし別の人は「Aを実行せずに、Bのノウハウを実行しなさい」と情報発信している事もあるでしょう。

つまり情報発信者によってビジネスで稼ぐ方法は様々で、いろいろな思想と稼ぎ方がある為、情報が交錯してしまいます。

つまり、あなたがビジネスで稼ぎたいと思った時には、そのジャンルで稼いでいる多くの人たちの情報を参考にして取り入れるのではなく、自分の価値観に合った情報発信者たった1人に絞る事で情報に安定性が出てきて迷いがなくなり稼ぎやすくなります。

ネットビジネスは奥が深いです。

ネットビジネスと一言にしても、ネットビジネスでどのようにして稼ぐのかという事は人の価値観によって様々に違います。

だから多くの人がやってしまいがちなのは、様々な情報発信者の情報を取り入れてビジネスに繋げようとする事です。

このようにしてしまうと最悪です、情報発信者の価値観によって良い悪いの評価が違う為、Aさんは効果的だと言っていた情報だけど、BさんはAさんの方法を否定して別の方法を効果的だとして情報発信している。

このような状態になると何を信じでどのように行動したら良いのかという事が分からなくなってきます。

無料の情報からノウハウを勉強したくて様々な情報発信者の情報に触れていると、あれもこれも良いように感じてしまうと思いますので、あなたが信頼できると思った一人の情報発信者だけの情報をとりあえず最重要に信頼して自分に取り入れましょう。

その人の情報だけを信じて徐々に副業を始めていけば、大きな失敗はないだろうと思います。

このことからまずは、本などから情報を集めて副業として実際にビジネスを始めてみる事で、酸いも甘いも様々な経験が出来るので、何が良くて何が悪いのかという事が分かってくるでしょう。

とりあえずは試しの見様見真似な副業ビジネスのスタートとなるでしょう。

それでも赤字を恐れずに行動してみたことが、そのビジネスを継続することが出来た時には大きな経験となりますので、副業でもなんでもとりあえず行動してみる事をおすすめします。

実際に行動してみることで、様々な経験ができる事でしょう。

起業セミナーや独立・開業セミナーに参加する

これまでサラリーマンとして働いてきたあなたは、自分で情報を得て新しいビジネスについて十分理解をしているかもしれません。

しかし、あなたが得られなかった情報も、世の中にはたくさんあるはずです。
そういった得られなかった情報によって、ビジネスが失敗に終わってしまうというケースも多くあります。

より幅広い情報を得るためにおすすめなのが、起業や独立・開業セミナーに参加することです。
セミナーの講演者は実際に脱サラして独立した人が多くいます。
そういった人たちの体験をもとにした、知識や情報を得ることはあなたにとってとても有益なものになるはずです。

ちなみにセミナーに参加すると怪しい勧誘をされるのではないかと不安に感じる人には、直球で言うなら得られることが少ないので行かない方がいいでしょう。

なぜ怪しんでいる人がセミナーにはいく必要がないのかというと、怪しんでいる人は情報発信者がどんなに有益な情報を提供しようとしていても、その情報の価値を理解する作業よりも、この人に騙されるのではないかと言う警戒心が勝ってしまって、有益な情報が頭に入ってこなくなります。

そうした場合、セミナーに参加したとしても効果的な情報を得ることが難しく、結果何も成長することが出来なくなってしまいます。

基本的にお金が絡むものの場合、人は警戒心が高くなります。

しかし警戒心ばかりが先行してしまっては、せっかくの有益な情報が無駄になってしまうかもしれません。

 

脱サラしてやってはいけない失敗3選

脱サラした時の最大のデメリットについて解説していきます。

サラリーマンとして働いていると、あまり実感がわかないものですが、サラリーマンという立場は様々な面で社会から守られています。
脱サラするということはそれらの権利を全て、投げ打って自由を手に入れるということです。

脱サラするデメリットとしては、主に次の2つが挙げられます。

・失敗した時のリスク
・学びの場を確保する必要がある
・社会的な保証がない

失敗した時のリスクが大きい

脱サラするデメリットとして最も大きいのは、失敗した時のリスクがとても大きいということです。

サラリーマンとして仕事をしていれば、ミスによって仕事がなくなってしまうようなことはまずあり得ません。
しかし、脱サラして全て自己責任という状況下で、仕事をすることになると1つのミスが命取りになり、これまで積み上げてきたものが一気になくなってしまう可能性があります。

そういったリスクを負って自由を手に入れているということを理解しておきましょう。

学びの場を確保する必要がある

脱サラしたあなたには会社による研修や、資格講座などの学びの場は全く保証されていません。
あなた自身が進んで勉強会やセミナーなどの、学びの場を確保していく必要があります。

ネット上で目的に合わせたセミナーの参加者を募集しているので、必要に応じて積極的に参加しましょう。

社会的な保証がない

日本では脱サラして個人として働き始めると、あまり社会的な立場が強くない傾向があります。
特に脱サラしてからクレジットカードや、住宅ローンの審査を受けようとするとかなり厳しくなる印象です。

住宅ローンはライフプラン次第なので、脱サラする前にというわけにはいかないケースもありますが、クレジットカードについては脱サラ後に、利用する頻度が増える可能性があります。
必要に応じて会社を退職する前に準備を進めておいた方が良いでしょう。

ブログ情報発信を始めて脱サラする方法

ブログ情報発信を始めて脱サラをするには、そのブログで安定して収入を得られる状態まで、成長させておくことが理想です。
ブログ情報発信で稼いでいくには、安定したアクセス数が求められます。

いきなり脱サラしてからブログ情報発信を始めても、すぐには良質な記事が書けなかったり、アクセスを集めるノウハウがなかったりと、苦労することが予想されます。

ブログ以外にもメルマガやランディングページなど、連動して利用していかなければならないサービスも多いので、そういったものを一から作成していくと、稼げるようになるまでの期間が長くなってしまいます。

まずは副業としてブログ情報発信を始めて、ブログ内に良質な記事を多数掲載して、安定したアクセス数がある状態で本業へと移行していくのが良いでしょう。

まとめ

脱サラしても失敗してしまう人に共通している特徴としては、計画性のなさが挙げられます。
脱サラしてからは社会的な保証も、会社からの保証もなく全て自分の力で稼いでいく必要があります。
そういった重要な決断をするわけですから、十分に検討を重ねて慎重に決断をするべきです。

まずはあなたが始めようとしているビジネスを、副業として経験してみることでノウハウや知識・情報を得て、少しずつ収入を大きくして本業へと以降していくのが理想です。

ABOUT ME
terry09
テリー【Webマーケティングコンサルタント】 2つの仕事をしながら、3つ目のビジネスとしてブログの副業をスタート。 時間がない中でもブログのビジネスを学んでその情報を伝えています。 会社員として働いて副業で収入を上げたい人たちの目線でどんなことが出来るかをボク自身が経験した事実から情報提供しています。 ブログ記事ではWebマーケティングやブログノウハウや副業などの情報をメインにして情報提供しています。 あなたのスキルを活かしてビジネスを始めてみませんか?