ブログ

魅力的なブログタイトルの決め方|ブログ初心者こそ知るべき基礎知識

あなたがこれからブログ記事を書いていくなら、ブログタイトルの決め方はしっかりと理解しましょう。

ブログ記事のタイトルは適当に考えていいものではありません。

ブログタイトルはGoogleユーザーが最初に触れるあなたの情報ですよね?

ブログタイトルをどれだけ魅力的に出来るかで、あなたのブログサイトへのアクセス数に大きく関わってきます。

ブログ記事のタイトルの決め方を基礎的な情報からしっかりと解説していきますので、参考にしてみてください。

ブログ記事のタイトルの重要性

あなたがブログ記事を投稿しようと思った時、どのように考えて記事のタイトルを決めていますか?

ブログ記事のタイトルは、あなたのブログサイトのアクセスに大きく関わるとても重要な項目です。

ブログ記事のタイトルは、Googleユーザーが検索結果から最初に触れるあなたの情報ですよね?

このタイトルを見た時に、この先の情報が気になると思われるようなタイトルを付けられたとしたらどうでしょうか。

きっと多くの人は、先が気になるタイトルの記事をクリックしてページの中身を開いてくれます。

中身が気になるようなタイトルを付けられたとしたら、あなたのブログサイトにたくさんのアクセスを集められると思いませんか?

あなたがこれからブログを運営していくなら、狙ったキーワードであなたのブログサイトに少しでも多くの人からのアクセスを集める事です。

たったブログ記事のタイトルですが、アクセスアップに繋がるとても重要な項目だという事を知っておいてください。

ブログタイトルの決め方

アクセスアップに繋がるブログタイトルの決め方ってどんなものなんでしょうか?

ボクがブログ記事のタイトルを考える時にはいろいろな項目を意識しながら決めています。

その項目って一体なに?ってなりますよね。

そこでボクが実践しているブログタイトルの決め方を紹介します。

ブログタイトルを考える前に

ブログタイトルを考える前に、そもそも考えておかなければいけない事があります。

それはブログ記事でどんな情報を伝えたいのかという事です。

ブログのタイトルとは、ブログの中身を一言でまとめた言葉です。

記事で書きたいことがある程度は決まっていなければブログタイトルなんて決めようがありませんよね?

でもブログ記事を書く時には、なんとなくどんな記事を書こうか想像できていると思います。

・ブログのタイトルの決め方を教えてあげられるような記事を書きたいなぁ

・ブログのタイトルの決め方を伝えるなら、こんな事も伝える必要があるなぁ

こんな感じの事は頭の中に浮かんでいるのではないでしょうか。

じゃあ具体的にどんなことを記事にしていくのか、目次にあるような簡単な見出しと書く内容をザックリと書き出してみましょう。

このようにザックリと全体的な構造を知る程度のメモをログを取ると言います。

ログを取る事でブログ記事の全体的な構成が理解しやすくなり、伝えたいことがまとまりやすくなるのでおすすめのやり方です。

ブログタイトルを考える前に、まずは記事の中でどんな事を伝えていきたいのか何となく理解しておきましょう。

ログを取って記事内容をザックリと把握する事で、タイトルと記事内容に違いがない正しいタイトルを付ける事が出来ます。

ブログタイトルの文字数

ブログタイトルを決める時には28~32文字以内で考えるようにしましょう。

なぜこのような文字数なのか。

それはGoogleの検索エンジンで情報を検索した時に、検索結果で表示される記事タイトルの文字数が約32文字が上限だからです。

ブログ記事のタイトルの文字数は32文字以内だと説明する画像。

ブログ記事のタイトル文字数が多くなると、それ以上は「…」で表記されてしまいます。

そうなると記事タイトルからGoogleユーザーに伝えたい情報が伝わりませんよね?

もし気になるなら実際にあなた自身でGoogleで記事タイトルの文字数をカウントしてみてください。

きっとほとんどの人が32文字以内で記事タイトルを考えています。

ブログタイトルの構成を考える

ブログのタイトルはたった32文字程度の言葉です。

でもこの文字数の中でも構成を考える必要があります。

あなたの勝手な感性で良いと思ったブログタイトルを付けると間違いの始まりです。

じゃあその32文字以内のタイトルの中に、どのような構成を考えていくべきなのか。

根本的には、この記事タイトルの中身を見れば悩みを解決できる情報が書かれているとユーザーに想像させるタイトルにする事が重要です。

じゃあどうしたらユーザーがそのように感じてもらいやすくなるのか。

その方法は以下の3つを意識しましょう。

①ユーザーのレベル

②どんな人なのか

③中身の情報を見た時のメリット

記事の中身を見てもらうためには、まずユーザーのレベルを意識ましょう。

何も知らない初心者なのか、ある程度の知識がある中級者なのか。

ユーザーのレベル別に意識したタイトルを決めるなら、こんな感じのキーワードが有効です。

ⅰ)初心者(これから始めたい人)

【初心者】、【入門編】、これから○○を始めたいあなたへ、最初に知るべき○○、リスク回避の方法、など。

ⅱ)中級者(知識があって実践しているけど成果がでていない人)

問題解決する為の方法〇選、問題にぶつかった時の解決方法、など。

レベルを見てから、ユーザーがどんな人なのかを考えてみましょう。

つまり立場がどんな人なのかという事です。

会社員のなのか、主婦なのか、学生なのか、定年後の人なのか。

人によって立場って違いますよね?

立場をタイトルの中に入れる事で、どんな人に見てもらいたいのかが明確になります。

その人がどのような立場なのかを想像して、なるべく短いフレーズでタイトルの中に入れてみましょう。

ⅰ)会社員の場合

副業で始めるべき○○、忙し人にも実践可能、会社員社長、など。

ⅱ)主婦の場合

子育ての隙間時間で出来る○○、旦那に内緒の○○、など。

ⅲ)学生の場合

お金がなくても実践可能な○○、学生だからできる○○、など。

最後に、記事の中身を見る事でどんなメリットがあるのか。

ちょっとしたテクニックとして、タイトルの中に明確な答えを入れないのがポイントです。

良い例と悪い例を紹介します。

良い例

ⅰ)ブログ記事の書き方を紹介したいタイトルを考える。

「初心者が知るべきブログの書き方|初めて文章を書く人の基礎学習」(30文字)

悪い例

ⅱ)ブログのタイトルを決める方法を紹介したい記事のタイトル。

「ブログのタイトルの付け方が分からない|32文字で考えよう」(28文字)

良い例の場合について、まずば解説していきます。

まず最初に「初心者」というキーワードを入れているのでどんな立場の人に向けた情報なのかが明確になっています。

また「ブログの書き方」というキーワードで、中身がどんなことが書かれているかが明確になっています。

そして「初心者」というキーワードに絡めて、初めて文章を書く人にもわかりやすい情報提供をしてくれているというメリットを感じさせるタイトルになっています。

そこで次に悪い例です。

この記事タイトルの一番悪いところは、話のオチをタイトルの中に入れてしまっている事です。

この情報に触れたユーザーはどう思うでしょうか?

32文字でブログ記事のタイトルを考えればとりあえずOKなんじゃない?って勘違いしてしまうかもしれません。

だからタイトルの中でいきなりオチを語ってしまうのはNGです。

そもそもクリックして中身を見たいと思ってもらえません。

またユーザーの悩みは明確になっているけど何が言いたいのかよくわからないタイトルになっているのも問題です。

「どんな人に」「どのような立場の人に」「どんなメリットのある情報が記事の中にあるのか」を考えてタイトルを考えてみましょう。

多くの人がやってしまう間違ったブログタイトルの付け方

ブログタイトルを決める前に、ログを取ってからタイトルを考えるべきだと紹介しました。

この重要性について付け加えてお伝えしていきます。

多くの人がやってしまいがちな間違ったブログタイトルというものがあります。

それはタイトルの内容と記事の内容が違ってしまっているパターンです。

この間違いは自分自身で気づかずにやってしまっています。

例えば「ブログタイトルの決め方」というタイトルになっているのに、記事の中身を見てみたらブログタイトルの決め方よりもブログ記事の書き方に重点が置かれてしまっている場合です。

これではブログタイトルの決め方について知りたいと思ったユーザーにとっては、意味のない情報を届けてしまう事になります。

このようなタイトルと内容の相違してしまう原因として、記事を書いている途中でもっとユーザーに届けたい情報があると感じて計画にない情報をつけ足してしまっている事で起こってしまいます。

記事を書いていると、ユーザーに届けたい情報があれもこれもと出てきてしまうと、タイトルにあるような本当に伝えたい情報から脱線して別の情報を伝えてしまう事もあります。

Googleユーザーの検索意図に合った情報を伝えるように気を付けましょう。

ブログタイトルに必要なキャッチコピー

これからブログのタイトルを考えるのならキャッチコピーについて理解する必要があります。

キャッチコピーとは、1フレーズの言葉で聞いた人が中身が気になってしまう人のココロを掴む(catch)ような言葉です。

人間だって動物です。

動物的な本能や習性があったっておかしくありません。

まるで蚊が夜の街灯の光に反応して集まってしまうように、人にも一定の刺激を受けると反応してしまうモノがあります。

それがキーワードでいうならどのようなモノか。

少し解説してみます。

タイトルに数字を入れる

タイトルの中に数字を入れると目標がハッキリするのでクリックされやすくなります。

(例)

①「ボクがネットビジネスを始めて1ヶ月で10万稼いだ方法」

②「6か月で100万稼ぎたい!あなたの夢を叶える具体的な方法とは」

今回は2つのタイトル例を出してみました。

この2つのタイトル例で入れた数字は期間と金額を具体的に表しています。

①のようなタイトルを付けた場合、ユーザーは1ヶ月で10万円稼ぐ為の具体的な情報ノウハウを欲しがりますよね?

②のように6ヶ月で100万円稼ぎたい人の場合、下準備など中長期的な情報ノウハウを知りたがっています。

ここで期間と金額を明記するメリットは、ユーザーが大体どれくらいの期間で自分がどうなるのか想像しやすくなる事です。

人は誰もが不安です。

何をしたらどれくらいの期間でどうなるのかが気になって仕方がありません。

だから、その点を明確にしてあげると安心するんです。

数字を入れると、それだけで具体的な表現に繋がります。

無理やり数字を入れたタイトルを付けると不自然になりますが、最低限のレベルで数字を入れると読者からの反応が良くなります。

簡単系

簡単、楽に、誰でも、余裕で、たった○○で、誰でもできる、など。

このようなキーワードを目にすると、悩みを抱えている人はどのように感じると思いますか?

「今自分が抱えている悩みが、簡単に解決できるかもしれない」と考えてしまいがちになります。

だからつい情報の中身が気になってしまうんですね。

ただボク個人的には、この簡単系のキーワードをタイトルに入れるのはおすすめしません。

だって多くの場合、悩みを抱えた人が簡単に問題解決できるはずがないからです。

逆に言えば簡単に問題解決する事が出来ないからこそ悩んでいるんですよね?

正直、このキーワードは藁にもすがりたい人たちに対して期待を裏切るような情報を伝えてしまう可能性が高くなるのでやり方としてはおすすめしません。

でも、一応クリックされやすいキーワードですので悪用することなくしっかりと情報を伝えられるのなら効果的なキーワードだと言えます。

リスク系

失敗しない○○、○○したら損です、○○してる人は大丈夫?など。

人間は成功よりも失敗を恐れる生き物です。

だから今のままでは失敗してしまうというリスク系の情報には、ついつい敏感に反応してしまうんです。

あなた自身の経験も思い出してみてください。

情報にリスクを臭わせられると、ちょっと中身を見てみたくなった事がありませんか?

実はあなたが感じたそのような感覚は誰もが同じように感じる感覚なんです。

だからリスク系のキーワードをブログタイトルの中に混ぜる事で、クリックしたくなる記事タイトルを付ける事が出来ます。

まとめ:魅力的なタイトルを決めてアクセスアップを狙おう

ブログのタイトルはGoogleユーザーが最初に触れるあなたの情報です。

魅力的なタイトルを決められれば、それだけクリックされやすくなります。

つまりあなたのブログへのアクセスアップに繋がります。

ただしアクセスアップを狙って過剰にユーザーを煽るようなタイトルにしないようにしましょう。

「超簡単」「誰でも」といったキーワードをタイトルに入れた記事を連発すると、ブログサイト内の情報に品が無くなります。

ビジネスブログを運営するなら、正しくて真面目なイメージを持たれることも重要です。

記事タイトルを決める時には、どんなレベルの人どんな立場の人内容を見る事でどんなメリットがあるのかを意識してタイトルを構成するようにします。

理想としては、あなたが情報を伝えたい人に記事情報を見るメリットを伝える事で、そっとクリックを後押ししてあげられるようなタイトルにしましょう。