情報発信

YouTube情報発信|再生回数アップ条件の仕組みや方法を解説

大きく成果を出している人ほどYouTubeとブログをしています!

大きく成果を出している人ほどYouTubeとブログの両方を活用しています。

それはなぜかというと、YouTubeを活用する事で顔や肉声を視聴者に届ける事で信頼性が高くなって、商品が売れやすくなるからです。

例えばブログ記事の文章だけでビジネスを成功させようと思った時には、読者にとってあなたの情報量が少ない為、どうしてもガードが上がってしまうのです。

実名と肉声と顔出しをして情報発信した方が安心感が高くなると感じませんか?

というのはブログとYouTubeでは、どのように情報を読者や視聴者に伝えるのかという情報の伝え方に大きな違いがあります。

ブログで伝えられることは文章がメインで補足で画像が入ります。

SEO対策をしっかりとしてブログを書けば検索順位が上位表示になり、あなたの記事を読んでもらいやすくなる事から、一度ブログを立ち上げれば継続して集客をすることが出来ますが、基本的には文章でしか情報を提供できません。

その点YouTubeの場合、映像で情報を提供する為、視聴者にとって伝えたい情報がわかりやすく、顔や声が伝わる事で情報の信頼性が高くなります。

それはなぜかというと、顔や声を聴くことで情報発信者と視聴者の距離感が近くなり、その分信頼性が高くなるという心理学的な理由があります。

つまり、YouTubeで情報発信をすることで視聴者からの信頼を獲得して、視聴者をブログに流すことで、あなたの商品販売がしやすくなります。

そのような理由からYouTubeは始めるべきだと言えます。

そこで、今回はどのようにしたらYouTubeを始められるかという事についてフォーカスして記事を書いていきますので、よろしければ記事を読んでみてください。

おすすめはブログとYouTube両方で情報発信して収益化に繋げる

おすすめはブログとYouTube両方で情報発信して収益化に繋げる事です。

情報発信の副業を始めたばかり、もしくはこれから始めようと考えているあなたは、YouTubeを利用したことはありますか?
今や誰もが利用しているであろうYouTubeですが、情報発信の副業にもとても役立つサイトです。

YouTubeへの動画投稿は、アカウントを持っていてチャンネルを解説すれば誰でもアップロードが可能です。
ブログとYouTubeは集客できる層も異なり、表現方法も違うのでお互いに補完しあって、双方向の集客が可能です。

しかし、動画がYouTube状に溢れている現在では、少し質の高い程度の動画はすぐに埋もれていてしまいます。
今回はYouTubeとブログを両立させるメリットや、YouTubeに動画投稿する方法を中心に解説していきます。

YouTubeは無料であなたを宣伝できる

YouTubeは無料で使えて、動画の質によっては大勢にあなたの動画を視聴してもらえる可能性を秘めているサービスです。
YouTubeの利用者はとても多いので、あなたを知ってもらえるチャンスに繋がります。

YouTubeのメリット

動画で情報発信することによって、文字で伝えきれない情報を伝えられます。
アカウントの登録方法などの、手順を説明するには文字だけではイメージがしにくい部分がありますが、YouTubeなら実際の操作画面を映しながら伝えられるので、よりわかりやすく解説ができます。

様々なSNSと連動しているので拡散力が強く、視聴者数が多いので質の良い動画を作成できればあっという間に国内はもちろん世界に広がっていくという、発信力の強さがあります。

基本的に無料で利用できるので、動画を制作するコストはかかってしまうかもしれませんが、売り方によっては低コストで運用が可能です。

Webマーケティングとの親和性が高いのもYouTubeの特徴です。
YouTubeには「YouTubeアナリティクス」という解析ツールがあり、動画の視聴回数や総再生時間、流入元やユーザーの属性を確認できます。
YouTubeを使ってあなたのビジネスが、どのような層に興味を持たれているかがわかります。

YouTubeのデメリット

YouTube最大のデメリットは、配信されている動画の数が多いので、動画の質によっては埋もれてしまうということです。
YouTubeの利用者数はメリットである反面、デメリットでもあります。

無料で誰でも動画を投稿できるというハードルの低さにより、星の数ほど動画が溢れてしまっています。
少し質の良い動画を作ったところで、埋もれてしまうというのが現状です。

また、YouTubeは様々な人が利用しているので、心無い誹謗中傷を受ける可能性もあります。
誹謗中傷をしてくる人はほんの一部なので、そのほんの一部にも視聴されるような動画であるということの裏返しでもあります。

YouTubeとブログを両立させるメリットとは

YouTubeとブログを両立させることで、YouTubeからブログへ、ブログからYouTubeへと双方向に人を流すことができるようになります。

YouTubeとブログは集客のルートが全く違います。
YouTubeの場合は利用者の関連動画にいかに、あなたの動画を登場させられるかということが集客する上での主なルートです。

一方ブログの方はいかにあなたが伝えたいキーワードを、記事の中に盛り込んで質の高い記事を作り、検索上位表示させるかが勝負になります。
つまりそれぞれの集客ルートが違うということは、両方をうまく利用することでお互いへの送客が可能になるのです。

ブログは記事をどんどん書いていくことで、訪問者が様々な記事を閲覧してくれるようになりますがYouTubeも同じで動画を投稿すればどんどんたまっていって、人気が出てくれば他の動画も視聴してもらえるようになります。
動画と活字と表現方法は異なるものの、質の高い制作物をたくさん制作して、ファンを増やしていくという点では共通しています。

ブログには商品の詳細スペックや、販売日など必要な情報を1つ1つ確認できるというメリットがあります。
一方YouTubeにはお客様が知りたいことを、簡単にまとめて伝えられるという特徴があります。

ブログには要点をまとめて簡潔に伝えることは難しく、動画にはピンポイントで1つの情報を伝えることに不向きだという欠点があります。
つまりブログとYouTubeを併用することによって、それぞれの弱点を補完し、長所をさらに伸ばしていけるのです。

また、ブログでは顔写真を貼らない限りは読者があなたの顔を見ることはありませんが、YouTubeは動画に顔出しすることで、声や顔を知ってもらえます。
声や顔を知ってもらうことで、どんな人間が発信している情報なのかを伝えられるので、受け手は安心感を得られます。

YouTubeに登録して動画投稿する配信方法とは

YouTubeへの動画投稿にはGmailのアカウントが必要です。
YouTubeへの登録中にGmailのアカウント作成に飛んでしまうと、作業が行ったり来たりしてややこしいので、事前にGmailアドレスは取得しておきましょう。

YouTubeのアカウント作成とチャンネル作成は、これまで他のアカウント作成をした経験がある方にとってはとても簡単な作業です。
1つ1つ手順を確認しながら落ち着いて作業しましょう。

YouTubeチャンネルを開設する方法

YouTubeに登録するためのGmailアドレスを用意します。
Gmailアドレスの取得はGoogleのトップページから簡単にできるので割愛します。

YouTubeへアクセスして、右上にある「ログイン」をクリックします。

YouTube用に作成したGmailアドレスを入力して、「次へ」をクリックします。

パスワードを入力して「次へ」をクリックします。

YouTubeのトップ画面にページが切り替わるので、再度「ログイン」をクリックします。

右上がGmailのアイコンに切り替わっているので、アイコンをクリックして、「クリエイターツール」をクリックします。

「動画をアップロードするにはチャンネルを作成する必要があります」と表示されるので、「チャンネルを作成する」をクリックします。
※チャンネル作成をそのままクリックしてしまうと、Gmailに登録しているあなたの名前でチャンネルが作成されてしまうので、「ビジネス名などの名前を使用」をクリックして、YouTubeのブランドアカウントを作成しましょう。

「ブランドアカウント名」という項目に設定したいチャンネル名を入力して「作成」をクリックしてください。

これであなたのYouTubeチャンネルが完成です。

YouTubeに動画をアップロードする方法

YouTubeチャンネルを開設して、動画と動画用のサムネイルを作成したら、YouTubeへアップロードしましょう。
※動画作成については様々な方法があるので、ここでは割愛しています。

YouTubeチャンネルにログインして、右上のビデオのアイコンをクリックします。

「動画をアップロード」と「ライブ配信」の選択肢が現れるので、今回は「動画をアップロード」をクリックします。

「アップロードするファイルを選択」の部分をクリックしてアップロードしたい動画を選択、もしくはアップロードしたい動画をドラック&ドロップします。

アップロードが開始されるので、「100%アップロード済み」になるまで待ちます。

アップロードが100%になると、今度は「〇〇%処理済み」の表示に切り替わります。
こちらも100%処理済みになるまで待ちます。

アップロードした動画に「タイトル・説明文・タグ」を設定します。

全ての項目が入力できたら完了ボタンをクリックします。
これで動画の投稿は完了です。

YouTubeの利用規約や著作権を守って配信しよう

YouTubeはには動画投稿・配信サービスという性質上、とても細かい利用規約があります。
著作権に関する記述もあるので、知らぬ間に利用規約を違反してしまうことがないように注意が必要です。
ここでは特に注意が必要な項目を、抜粋してご紹介します。

動画コンテンツの販売には利用できない

YouTubeにアップロードした動画をYouTubeの事前の許可なく、販売することは禁止されています。
YouTubeにはアップロードした動画にパスワードをかけることができるのですが、それを利用して動画を有料化することは禁止ということです。

どうしても有料化したい場合は、事前に有料チャンネルとして申請をして、チャンネルそのものを有料化する必要があります。

動画の秘密保持は保証されない

機密情報や限定された相手に動画を視聴してもらいたい場合には、パスワード機能を使ってパスワード認証により視聴者を限定できますが、パスワードが漏れるなど不測の事態が発生しても、YouTubeは責任を持たないという規約になります。

そもそも限定された相手に対してのみ、動画を視聴させるということに対応しているサービスではないので、あえてYouTubeで限定公開する意味はないでしょう。

著作権などの権利許諾がない動画はアップロードできない

動画の中に著作権など他社・他人が権利を持っていて、その利用許諾が得られていない箇所がある動画はアップロードできません。
もしこの場合に第三者に動画が視聴された・漏洩して拡散してしまったとしても、YouTubeは一切責任を負いません。

動画そのものの著作権はもちろんですが、動画の一部に著作権などに関する許諾がない箇所があるだけでも、アップロードが禁止されているということを覚えておく必要があります。

アップロードした動画に関するYouTubeの権利許諾

YouTubeにアップロードされた動画は、YouTube側で無条件に無償で利用者が視聴できる状況下に置かれます。
ある意味当然のことのように感じられますが、YouTube側が無断で使用できるというようにも受け取れる規約の内容なので、アップロードする動画の内容については慎重に精査する必要があります。

YouTube内で動画を削除した場合にも、YouTube側には動画のデータが残っているという可能性もあるので、その点も考慮しておくことが重要です。

年齢制限がある

YouTubeは13歳未満のユーザーは利用できません。
意外と知られていませんがYouTubeには年齢制限があります。
あなたが子供に向けた情報発信を想定しているのであれば、年齢制限により視聴数限られてしまう可能性があるということは理解しておく必要があります。

有料ツールを使って動画編集して作った動画を見たいと感じてもらう

YouTubeにはたくさんの動画が溢れているという話をこれまでしてきました。
たくさんの動画で溢れているということは、あなたが動画投稿をする際には、それらの動画と何らかの形で差別化をする必要があります。

内容で差別化するのはもちろんですが、ブログと違って内容の質を上げていくだけでは、視聴回数を稼いでいくことは難しいのが現状です。

ではどこで差別化をするかというと、動画編集の質になります。
今の時代スマートフォンでも簡単に動画編集ができますし、無料の動画編集ソフトもインターネット上に溢れています。

そんな中コストを下げるために無料の編集ツールを使用しても、動画の質で差別化することはできません。
もしできたとしても、とても時間効率の悪い作業になってしまいます。

YouTubeはブログと一緒で、いかに質の良いものをスピード感を持って配信し続けられるかが重要です。
有料の動画編集ツールを使うことが、質が高くより良いものを生み出すための近道です。

ここではおすすめの有料動画編集ソフトを3つご紹介します。

Adobe Premiere Pro CC

できないことはないと言われる、世界中のプロが愛用している動画編集ソフトです。
他のAdobe製品と高い互換性があるので、PhotoshopやaAfter Effectの使い方を理解している方におすすめのソフトです。

専門の書籍も多数販売されているなど、使い方を学ぶ手段も確保されているのもメリットの1つです。
動画のクオリティを追求していきたい方にはこのソフトを選ぶと良いでしょう。

CyberLink Power Director 15 Ultimate Suite

CyberLinkのPowerDirectorシリーズは国内販売本数がNo.1と高い人気を誇っている動画編集ソフトです。
高い人気を集めている要因の1つが、その使いやすさにあります。
直感的に動画編集ができるので、動画編集が初めての方でも操作しやすいソフトです。

Apple Final Cut Pro X

Macユーザーに大人気のソフトです。
Windowsでは使用できませんが、このソフトを使いたいがためにMacに移行する人も多いほど、Macユーザーに愛されているソフトです。
iMovieの上位互換ソフトになっていて、操作が簡単でハイクオリティな動画が作成可能です。

まとめ

ブログとYouTubeはお互いの特性を生かすことによって、双方向の集客を可能にできあなたのコンテンツの価値を高められるコンテンツです。

YouTubeは活字では表現できないような手順の紹介などを、ブログでは商品の詳細スペックなど一度立ち止まってじっくりと確認したいような内容を、それぞれ得意としています。

また、YouTubeはあなたの声が聞けて顔が見えるために、情報発信をしているあなたがどんな人なのかがわかって、受け手に安心感を与えられるというメリットがあります。

活字と動画というお互いの特徴を生かすことによって、よりあなたの発信する情報をわかりやすく、価値のあるものにしてくれるでしょう。

YouTubeは誰もが動画を投稿できるという手軽さから、様々な動画コンテンツで溢れています。
他の動画と差別化を図るには、内容の質を高めるだけでは不十分で、動画編集の質もとても重要になってきます。

無料動画編集ソフトも優秀なソフトが増えていますが、有料の動画ソフトを使って編集された動画は視聴者にはすぐにわかります。
YouTubeで動画を運用するコストと、それによって得られる収益のバランスを考えながら、動画編集ソフトにも投資していくことが大切です。

YouTubeとブログをうまく連動させながら、あなたのコンテンツのファンを増やしていきましょう。

ABOUT ME
terry09
テリー【Webマーケティングコンサルタント】 2つの仕事をしながら、3つ目のビジネスとしてブログの副業をスタート。 時間がない中でもブログのビジネスを学んでその情報を伝えています。 会社員として働いて副業で収入を上げたい人たちの目線でどんなことが出来るかをボク自身が経験した事実から情報提供しています。 ブログ記事ではWebマーケティングやブログノウハウや副業などの情報をメインにして情報提供しています。 あなたのスキルを活かしてビジネスを始めてみませんか?