情報発信

ランディングページ構成の作り方とは|デザイン費用参考を集めました

【最重要】ランディングページ作成講座、様々な情報を集めました

ブログ情報発信ビジネスを始めたばかりの方や、これから始めようという方はどのように稼いでいこうと考えていますか?

ブログアフィリエイトや、情報商材の販売など様々な稼ぎ方がありますが、特に情報商材やメルマガの成約率を高くするためにおすすめの手段がランディングページで商品の魅力を訴えることです。

今回はランディングページの必要性や、なぜ成約率のアップにつながるのかを解説していきます。

ランディングページ(英語:Landing page)とは

ランディングページには広い意味と狭い意味の2つが存在します。
広い意味で使われる場合は、ユーザーが最初にたどり着くページのことをさします。

一方、狭い意味で使われるランディングページとは、注文や問い合わせといったように、特定のアクションに結びつけることを目的としたページです。
今回の記事では主に、この特定のアクションに結びつけるためのランディングページについて触れていきます。

ランディングページは、特定商品の売り上げをどんどんアップさせたい場合や、無料サンプルを配布して、商品のファンを獲得したい場合などに作成するケースがほとんどです。
つまり現状よりも商材のコンバージョンを得るために、作成するということになります。

ランディングページ作成でサンプル例を参考におしゃれでデザイン性のある作り方

ランディングページ作成でサンプル例を参考におしゃれでデザイン性のある作り方とは。

あなた好みのデザイン性のあるランディングページを作るにはどのようにしたらいいのでしょうか?

パソコンに関する専門的な知識がないあなたにとって、他のブロガーさんが作っているようなデザイン性の高いキレイなランディングページは作れるはずがありません。

それならどのようにしたらいいのでしょうか?

ランディングページのデザインを得意としている人に依頼して作ってもらえばいいのです。

今では『ココナラ』で依頼すればランディングページのデザインをしてくれる人を探すことが出来ます。

ではあなた好みのデザインのランディングページを作ってもらうにはどうしたら良いのでしょうか?

その時には他のランディングページをたくさん見てあなたが気に言ったものを依頼者に伝えて参考にしてもらってランディングページを作ってもらうといいでしょう。

そうする事で、あなたのイメージと大きく違ったランディングページが作られてしまう危険性を低くすることが出来ます。

他の誰かの情報を真似る事で、あなたにはない価値観などを取り入れることが出来て、あなた一人の力よりももっと素晴らしいものが出来上がるかもしれません。

<参考記事>

困った時の注意点とは?情報発信の成功者を分析して真似してみよう

ランディングページは無料で出来るの?副業で始める時の費用はどれくらい?

あなたがこれからランディングページを無料で作ろうと思ったら、パソコンの専門的な知識が必要になってきます。

十分な知識と経験をつけるまでの時間と労力とお金を使うくらいなら、簡単に作れるツールを購入してしまうといいでしょう。

ボク自身ももちろん情報発信を始めた時は初心者からのスタートです。

右も左もわからない状態からスタートしたので、そんな素人がランディングページなんかいきなり作れるはずがないのです。

それならツールを購入しようという事でワードプレスのテーマに入れられる『カラフル』というツールを購入しました。

費用は確か12000円ぐらいだったと思います。(間違っていたらすいません)

素人からスタートしたボクでもカラフルを使ってランディングページを作ることが出来たので、きっとあなたにもできるはずです。

それぐらいの金額で時間と労力を省けるなら価値のあるお金だと思います。

副業と言えどランディングページは確実にあった方がいい物なので、あなたの価値観に合ったキレイなランディングページを作りましょう。

ランディングページの特徴とメリットデメリット

ランディングページの特徴とメリットデメリットを解説します。

ランディングページの特徴は大きく分けて3つあります。

・縦長のレイアウトであること。

・デザインに制限がなく、インパクトが大きいこと

・他のページへのリンクが少ないこと

1つ目は、レイアウトが縦長であるということです。
商材の特徴を説明したバナーを、多数掲載していき、画像に商品説明を入れるなどして良さをアピールしていくのが、ランディングページのポピュラーな作成方法です。

1ページの中で商材の紹介、利用者の感想、購入・申し込みの方法、など商材に関する全てと言ってよいほど多くの情報を詰め込むために、自然に縦長のレイアウトになります。

縦長のレイアウトで購入ボタンや、申し込みボタンが1つしかないと、購入ページや申し込みページへの転換につながらないので、定期的に申し込みページや購入ページへのリンクを差し込んでいく形になります。

2つ目の特徴は、デザインに制限がなく、インパクトが大きいという点です。
特に決まったデザインがあるというわけではないので、しっかりと説明文を記載したページでも良いのですが、文章を読み込んでもらうよりは、視覚的に訴えた方が成約率が高くなる傾向があります。

また、ランディングページはそのページ単独で必要な情報を伝えきる必要があるので、デザインが派手になる傾向があります。まず見た目のインパクトを与えることで、ユーザーを引き込む効果があります。

最後に他のページへのリンクが少ないということも、ランディングページの特徴です。
通常のページのように、サイドメニューなど他のページへのリンクがあまり必要ないため、画面を広く使える利点があります。

他のページへのリンクがないということは、それだけ離脱率も自然と下がるということになります。

ランディングページには大きく分けて4つのメリットがあります。

・訪問者がページから離れてしまうことが少ない
・知りたい情報が一ヶ所に集まっているので、情報を探す必要がない
・あなたが伝えたい順番で情報を伝えられる
・SEOを気にすることなく構成できる

1つ目のメリットは、特徴の部分でも触れましたが、訪問者が離脱してしまうことが少ないところです。
通常ページ間を移動するたびに、一定数は離脱していくと言われています。
離脱率を下げる方法は様々ですが、根本的な解決策としてページ間の移動をなくしてしまえば良いというのが、ランディングページの考えかたです。

2つ目のメリットは知りたい情報が一ヶ所に集まっているために、訪問した人が情報を探す必要がないところです。
1つ目のメリットとも関連してきますが、通常のページで訪問した人が知りたい情報を自分で集めようとすると、様々なページから情報を得ようとページ間移動を繰り返します。
そこで知りたい情報が見当たらない場合どうなるかというと、ページから離れてしまうわけです。
ランディングページの場合は、情報量が多すぎるほど詰め込まれているので、他のページに情報を探しにいく必要がありません。

あなたが伝えたい順番で情報が伝えられるのも大きなメリットです。
下にスクロールしていくだけで、通販番組のように段取りよく商材の説明ができます。
伝えたい順番で情報を伝えることによって、より成約率を上げられます。

SEOを気にすることなく、構成ができるのも優れている点の1つです。
ブログを運営している方はなおさらですが、通常記事を作成する場合はこれでもかというほどSEOへの対応をしますよね。
ランディングページの場合は画像を多く利用し、その画像の中に説明文を記載するので、SEOを気にすることなくコンテンツが作成できます。

ランディングページは成約率を上げることに関して、素晴らしい効果を持っていますが、当然デメリットもあります。
デメリットとしては大きく分けて、3点が挙げられます。

・直帰率が高い
・制作時間や制作費用といったコスト面の負担が大きい
・手間がかかる
・SEOが弱い

ランディングページには直帰率が高いという欠点があります。
他のページへのリンクをしないことで、成約率が高くなるようにしている分、興味がわかない訪問者は直帰してしまいます。

また、制作費用や制作時間というコスト面での負担が大きいことも、悪い点の1つです。
商材の成約率を上げるために、様々な情報を詰め込むので画像やデザインレイアウトに関する、費用と時間がかかりやすくなってしまいます。

SEOをきにする必要がない反面、検索エンジンに引っかかりにくい点はマイナスポイントです。
画像の内容を読み取らないことはメリットでもあり、デメリットでもあるので、注意が必要です。

ワードプレスで作成が難しい?ランディングページの重要性

ワードプレスで作成が難しい?ランディングページの重要性を解説します。

初めてブログに訪れた人のほとんどは、あなたのブログに掲載されている情報が目当てであって、メルマガや情報商材に初めから登録・購入しようとしてきている人はほとんどいないはずです。
そんな人たちをその気にさせるためには、ランディングページでこれでもかというほど、商材やメルマガの良さをアピールすることが重要です。

基本的にランディングページまで進んでくれた読者と言うのはあなたのファンになりつつある方です。

少し話が脱線するかもしれませんが、集客をする時にどんな人があなたに興味を持っているかを少しだけ解説します。

仮にあなたがトヨタの車を販売したいと思って情報発信をした時にあなたのサイトに訪れる人たちと言うのは簡単に言うと3パターンに分けられます。

・なんとなく車を買おうかと思っている人

・車を買う事は決めているがどんな車を買うか決まっていない人

・買いたい車が決まっていて最終的にどこで買うかを決めようとしている人

簡単に説明するとこの3パターンに分けられます。

この3パターンを見てもらうと分かるように、下に行くにつれて購買意欲が高く成約率が高くなります。

話を元に戻すと、ランディングページまで進んでくれた読者と言うのは情報を購入したいと思っていて、どの情報を買おうか悩んでいたり、情報を買う事を躊躇していて悩んでいる人が多くなってきます。

ランディングページと言うのはそういう人たちに自分を選んでもらえるように作り上げることがポイントとなるのです。

ランディングページが果たす役割と効果的な商材

ランディングページが果たす役割と効果的な商材について解説します。

ランディングページの利点は成約率を上げられる点だということを、これまで解説してきましたが、全ての人が初めての来訪で購入や登録、申し込みをするかどうか決めるわけではありません。

初めて訪れた人は、成約には繋がらないかもしれませんが、今後も来訪してくれる可能性はあるでしょう。
そういった今後に向けてのつながりを生むのも、ランディングページの大切な役割です。

ランディングページと相性の良いページには次のようなものがあります。

・高額な商品やサービス
・検討が必要な商品やサービス
・資料請求や無料サービスなど

高額なものや検討が必要なものは、ランディングページでの訴求がとても有効です。
高額なものや検討が必要なものを買おうとする時、何をしますか?
できるだけたくさんの情報を得て判断しようとしますよね。
たくさんの情報を1ページで伝えられるランディングページは、そういった判断が必要な商品やサービスととても相性の良い訴求方法です。

また、資料請求や無料相談も多くの情報が必要になるので、ランでイングページがとても有効です。

ランディングページとブログ情報発信ビジネス

ブログ情報発信ビジネスでもランディングページは、成約率を上げる上でとても有効な訴求方法です。
ブログ情報発信ビジネスは、メルマガを登録してもらったり、あなたが制作した情報商材を販売したりと、他にはないものを訴求して利益を得るビジネスです。
そういった他にはないものこそランディングページで、より多くの商品やサービスを販売・登録できる可能性があります。

まとめ

ランディングページはある特定の商材の成約率を上げるのには、とても適した訴求方法です。
インパクトあるデザインで訪問者の目を引き、より多くの情報をあなたの伝えたい順番で伝えられる、より営業に近い宣伝方法だと言えます。

ブログ情報発信ビジネスで、情報商材やメルマガ登録の成約率を上げていく上でも、とても有効なので、これからブログ情報発信を始めよう、もしくは始めたばかりという方はぜひ試してみてください。

ABOUT ME
terry09
テリー【Webマーケティングコンサルタント】 2つの仕事をしながら、3つ目のビジネスとしてブログの副業をスタート。 時間がない中でもブログのビジネスを学んでその情報を伝えています。 会社員として働いて副業で収入を上げたい人たちの目線でどんなことが出来るかをボク自身が経験した事実から情報提供しています。 ブログ記事ではWebマーケティングやブログノウハウや副業などの情報をメインにして情報提供しています。 あなたのスキルを活かしてビジネスを始めてみませんか?